R-1決勝進出のゆりやんと吉住がボケ合戦で火花 賞金で「歯を抜く」「人望を買う」

ひとり芸No.1を決めるお笑いコンテスト「R-1グランプリ2021」の決勝進出者が14日、公式YouTubeチャンネルの生配信で発表され、ファイナリストとなった、ゆりやんレトリィバァ、吉住が早くも火花を散らした。

ゆりやんと吉住がボケ合戦【写真:(C)カンテレ】
ゆりやんと吉住がボケ合戦【写真:(C)カンテレ】

吉住は「THE W」との2冠達成狙う 優勝賞金500万円

 ひとり芸No.1を決めるお笑いコンテスト「R-1グランプリ2021」の決勝進出者が14日、公式YouTubeチャンネルの生配信で発表され、ファイナリストとなった、ゆりやんレトリィバァ、吉住が早くも火花を散らした。

 19回目となる今回は、参加資格は芸歴10年以内などのルール変更があり、2746人がエントリー。準決勝の結果を受け、吉本興業のゆりやん、kento fukaya、ZAZY、マセキ芸能の寺田寛明、かが屋賀屋、高田ぽる子、プロダクション人力舎の土屋、吉住、松竹芸能の森本サイダーが決勝進出を決めた。

 このファイナリスト9人に、当日行われる復活ステージを勝ち抜いた1人が加わり、計10人が1stステージで激突。1人ずつネタを披露して点数審査を行い、最終的に点数の高かった3人がファイナルステージへ。2本目のネタを披露して、最も点数が高かった芸人に19代目王者の称号と優勝賞金500万円が与えられる。

ネタの披露順は、(1)敗者復活、(2)ZAZY、(3)土屋、(4)森本、(5)吉住、(6)寺田、(7)賀屋、(8)kento、(9)ぽる子、(10)ゆりやんに決定。ゆりやんは17年、吉住は昨年、「女芸人No.1決定戦 THE W」で優勝を果たしており、2冠達成に注目が集まる。

 配信では、「R-1専属ライター」のおいでやす小田による質疑応答のコーナーを実施。「優勝した場合、賞金500万円をどう使うか?」という質問では、吉住が「後輩におごりまくって、金で人望を買おうと思います」と不敵な笑みを浮かべれば、ゆりやんは「月並みな使い方なんですが、全部、歯を抜きます」と予想外のボケで笑いを取り、女芸人の頂点に立った2人が前哨戦を繰り広げた。

 決勝大会は、3月7日午後7時から、カンテレ・フジテレビ系で全国ネット生放送。MCは霜降り明星と女優の広瀬アリスが務める。復活ステージは、決勝と同じ日の午後2時30分から、動画配信サービス「U-NEXT」でライブ配信される。

トップページに戻る

あなたの“気になる”を教えてください