スタジオジブリ最新作「アーヤと魔女」劇場公開決定 宮崎駿監督「本当に手放しで褒めたい」

スタジオジブリ最新作「アーヤと魔女」が4月29日、全国公開されることが決定した。

「アーヤと魔女」ポスタービジュアル(C)2020 NHK, NEP, Studio Ghibli
「アーヤと魔女」ポスタービジュアル(C)2020 NHK, NEP, Studio Ghibli

“スタジオジブリ史上、最もしたたかなヒロイン”アーヤ

 スタジオジブリ最新作「アーヤと魔女」が4月29日、全国公開されることが決定した。

 宮崎駿監督作品「ハウルの動く城」(2004年)の原作者で「ファンタジーの女王」とも呼ばれるイギリスの作家、ダイアナ・ウィン・ジョーンズによる小説「アーヤと魔女」。この原作を企画・宮崎駿、監督・宮崎吾朗の下、国内外から結集した精鋭スタッフによって映像化。スタジオジブリ初のフル3DCGアニメーションとして完成した。

「アーヤと魔女」は20年のカンヌ国際映画祭で、オフィシャルセレクションに選出され、北米をはじめ、ヨーロッパ、中南米、オーストラリアなどでも劇場公開が決定している。海外でも大きな注目と期待を集める中、日本では昨年12月30日にNHK総合で放送された。ジブリの新たなヒロイン・アーヤのたくましくひたむきな姿は、放送後、絶賛の声とともに大きな話題となった。

 当初より映像・音響を映画基準で制作しており、劇場公開では一部新たなカットを追加。最先端の音響と映像技術で作品への没入感を味わえるドルビーシネマでの上映も決まった。

 予告映像には、魔法のかかった不思議な家で、怖そうな魔女を相手に奮闘する主人公・アーヤの奮闘が描き出されている。“スタジオジブリ史上、最もしたたかなヒロイン”アーヤの豊かな表情にも注目だ。

 キャストはアーヤ役に、オーディションで選ばれた平澤宏々路(ひらさわ・こころ)を抜てき。アーヤと暮らすド派手な魔女のベラ・ヤーガ役を寺島しのぶ、同居人である長身の怪しげな男・マンドレーク役を豊川悦司、魔法の秘密を知る使い魔の黒猫・トーマス役を、濱田岳が演じる。また、宮崎吾朗監督こだわりの劇中歌は、劇伴音楽を担当する武部聡志が率いるスペシャルユニットが演奏。歌うのはインドネシアで絶大な人気を誇る国民的スター、シェリナ・ムナフ。ギターの亀本寛貴(GLIM SPANKY)、ベースの高野清宗(Mrs. GREEN APPLE)、ドラムのシシド・カフカ、そしてキーボードの武部聡志が映画を盛り上げる。

次のページへ (2/2) 【動画】「アーヤと魔女」予告動画
1 2
あなたの“気になる”を教えてください