綾田俊樹×ベンガル“綾ベン企画”の舞台を平山秀幸監督の演出でオリジナルドラマ化

綾田俊樹とベンガルが出演するWOWOWオリジナルドラマ「川のほとりで」の放送が決定した。WOWOWプライムで4月から放送・配信予定だ。

WOWOWオリジナルドラマ「川のほとりで」 綾田俊樹(左)とベンガル
WOWOWオリジナルドラマ「川のほとりで」 綾田俊樹(左)とベンガル

舞台「川のほとりで3賢人」を基にした完全オリジナルストーリー

 綾田俊樹とベンガルが出演するWOWOWオリジナルドラマ「川のほとりで」の放送が決定した。WOWOWプライムで4月から放送・配信予定だ。

ドラマ、アニメ、アイドル、K-POP、スポーツ…大人気番組が目白押しのお得キャンペーンを実施中(Leminoサイトへ)

 全6話の本作は、東京・下北沢を拠点とした劇団・東京乾電池の綾田とベンガルの伝説的演劇ユニット“綾ベン企画”の舞台「川のほとりで3賢人」をベースに、完全オリジナルストーリーで展開されるホームレスコメディーだ。

 綾田が演じるのは、人懐っこいが、結構計算高いところがある“トシちゃん”。ちょっと女好きのロマンチストで、お気に入りの女性には洗濯ハンガーにつるして乾かした出がらしの高級紅茶でおもてなし。ベンガル演じる“BB”は、こわもてで、一見後を引かないサッパリとした男に見えるが、物に釣られて簡単に前言撤回してしまう一面も……。使えそうなものを収集してはDIYするのが得意。そして各話に登場する豪華ゲスト俳優陣が演じる個性的なキャラにも注目だ。

 監督は「閉鎖病棟-それぞれの朝-」で第43回日本アカデミー賞優秀賞を11部門で受賞した映画監督の平山秀幸。平山は舞台「川のほとりで3賢人」の演出も手掛けた。脚本を担当するのは、平山監督に加え、てっかんマスター(『川のほとりで3賢人』)、奥寺佐渡子(『八日目の蝉』)、山田耕大(『おしん(2013)』)、安倍照雄(『やじきた道中 てれすこ』)、そして阿佐ヶ谷スパイダースの長塚圭史とバラエティーに富んだ面々だ。

 トシちゃんを演じる綾田は、舞台「川のほとりで3賢人」のドラマ化について、「ベンガルさんとは長い。綾ベンという形で演りだしてからも、20年以上。今までは2人が交互に作、演出という形をとってきました。2017年の舞台制作にあたり、外部の作、演出を頼もうとなって、平山監督にお願いしました。ホームレスを題材に取り上げようとなって、多摩川土手に何度も通い、実際のホームレスの人達の話を聞きました」と明かし、「自分達が作ってきた芝居がテレビドラマになる、にわかには信じられない喜びです。美術、そしてその他のスタッフの方々の努力を目の当たりし、そこで演じられた自分は幸せの極みだと思います。皆様に感謝いたします」とコメントした。

 一方のベンガルは「ホームレス役を演じることは、深みがあってとても手ごたえを感じました。極限状態の中、それでも生きていこうとする彼らの姿は可愛くもあり、時に面白くもあり、とても共感できる人達だと思いました。これは心に家族を抱えたホームレスの孤独なホームドラマだと思います」と思いを語った。平山監督は「芸達者な役者さんが嬉々としてホームレスを演じてくれました。川のほとりの住人たちの甘味、苦味、旨味、渋味、そして珍味を楽しんでください」とメッセージを寄せた。

トップページに戻る

あなたの“気になる”を教えてください