劇場版「鬼滅の刃」V13ならず 初登場「銀魂 THE FINAL」が首位

9~10日の全国映画動員ランキング(興行通信社調べ)が12日発表され、歴代興収ランキング1位で12週連続首位だった大ヒット映画「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」(東宝/アニプレックス)は初登場の「銀魂 THE FINAL」(ワーナー)と交代し、公開13週にして初めて2位となった。

初登場「銀魂 THE FINAL」が首位に(写真はイメージ)【写真:写真AC】
初登場「銀魂 THE FINAL」が首位に(写真はイメージ)【写真:写真AC】

累計発行部数5500万部の超人気漫画

 9~10日の全国映画動員ランキング(興行通信社調べ)が12日発表され、歴代興収ランキング1位で12週連続首位だった大ヒット映画「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」(東宝/アニプレックス)は初登場の「銀魂 THE FINAL」(ワーナー)と交代し、公開13週にして初めて2位となった。

「銀魂 THE FINAL」は、シリーズ累計発行部数5500万部を超える「週刊少年ジャンプ」(集英社)の超人気漫画「銀魂」(原作:空知英秋)の劇場版第3作。抱腹絶倒のギャグと壮絶アクション、そして厚い人情をも詰め込んだ、天下無敵の痛快エンターテインメント作品は世界中のファンに愛され続けている。監督は宮脇千鶴。

 3位は「新解釈・三國志」(東宝)、4位は「映画 えんとつ町のプペル」(東宝/吉本興業)、5位は「劇場版ポケットモンスター ココ」(東宝)の順となっている。

トップページに戻る

(ENCOUNT編集部)

あなたの“気になる”を教えてください