山之内すず、10代でやり残したことはコスプレ 「1回挑戦してみたい」

令和3年「はたちの献血」キャンペーン記者発表会が12日、都内で行われ、キャンペーンキャラクターの山之内すず、お笑いコンビ「ぺこぱ」のシュウペイ、松陰寺太勇の2人が登壇。献血への協力を呼び掛けた。

「はたちの献血」キャンペーン記者発表会に出席した山之内すずとぺこぱ【写真:ENCOUNT編集部】
「はたちの献血」キャンペーン記者発表会に出席した山之内すずとぺこぱ【写真:ENCOUNT編集部】

ぺこぱとともに「はたちの献血」キャンペーンキャラクターに抜てき

 令和3年「はたちの献血」キャンペーン記者発表会が12日、都内で行われ、キャンペーンキャラクターの山之内すず、お笑いコンビ「ぺこぱ」のシュウペイ、松陰寺太勇の2人が登壇。献血への協力を呼び掛けた。

 来年20歳を迎えるということでキャンペーンキャラクターに抜てきされた山之内は「若い世代はまず献血の知識がないのでハードルが高い。私の周りにもちょっとずつ広めていけたら」と意気込み十分。献血に関するクイズでは3人の中で唯一全問正解を果たし「勉強してきたかいがありました!」と胸を張った。

 一方、ぺこぱの2人は芸人らしく珍回答を連発するも、集まった報道陣にはなかなか響かず……。フリップに「交通事故」を「交通事胡」と書く痛恨の誤字をしたシュウペイは「血の気が引いてきました。今輸血してほしいですよ。全治一生のケガを負いました」と話した。

 また、各地で中止となった成人式について、来年成人を迎える山之内は「まさかこんなことになるとは思わなかった。私の頃には何とか収まってたらいいなと思います」と率直な感想を口にした。10代でやり残したことを聞かれると「なんですかね? 制服着て友達と遊んだりとか、けっこうお仕事でやらせていただいたので……。コスプレとか? 1回挑戦してみたいなというのはありますね」と笑顔を浮かべた。

トップページに戻る

(ENCOUNT編集部)

あなたの“気になる”を教えてください