吉田鋼太郎が「麒麟がくる」松永久秀の最期の場面に込めた思い「光秀ありがとう」

俳優・吉田鋼太郎が演じる松永久秀が最期を遂げるNHK大河ドラマ「麒麟がくる」の第40回が10日に放送され、吉田がコメントを発表した。

「麒麟がくる」で松永久秀の自害シーンを演じた吉田鋼太郎【写真:(C)NHK】
「麒麟がくる」で松永久秀の自害シーンを演じた吉田鋼太郎【写真:(C)NHK】

1月10日放送のNHK大河ドラマ「麒麟がくる」で松永久秀が自害

 俳優・吉田鋼太郎が演じる松永久秀が最期を遂げるNHK大河ドラマ「麒麟がくる」の第40回が10日に放送され、吉田がコメントを発表した。

 松永は、最終的には織田信長(染谷将太)に反旗を翻し、親密だった明智光秀(長谷川博己)と敵対関係になり、10日の放送で自害した。ネットで可能性を指摘された爆死ではなかった。吉田は「松永の最期については、これまで1年半以上演じてきた吉田鋼太郎として、非常に納得のいく描かれ方でした。すばらしい死に際の台本をいただいたので、自分としても思い残すことなく演じることができたと思っています」と達成感を感じさせた。

 松永の最期は、平蜘蛛(ひらぐも)と呼ばれる茶器に火薬を詰めて爆死を遂げたという説もあるが、脚本を担当する池端俊策氏の台本を読んだ際に吉田は「『麒麟がくる』という作品の色を崩さず、池端先生らしい解釈で描かれていて、実にすてきだなと感じましたね。心して演じなければと思いました」。

 さらに、最期の場面に込めた思いも紹介。「演じる上では、全編を通じて何を考えているのか分からないような人物として演じてきたので、最期も飄々(ひょうひょう)と死んでいくという方法もあったのかもしれません。ただ、僕自身どうもしっくりこなかったので、やはり自分自身の本能の赴くままに演じてみました。その結果、断末魔の叫びというか、信長に対する咆哮(ほうこう)をあげつつ息絶えるという演技になったんです。ただ『麒麟がくる』での救いは、松永には自分のすべてをさらけ出せる明智光秀という心の友がいたということ。松永の最期の心情の中には『光秀ありがとう』という思いもどこかに含まれているということを、視聴者の方にくみ取っていただけるとうれしいです」とコメントした。

 最後は「史実であるかどうか分かりませんが、実は、爆死したかったという思いもちょっとはありまして、もしそうであれば、それこそ皆さんの想像をはるかに超えたすさまじいものにしたかったなと。とはいえ、松永の心情としては、40回を通じてそれと同じくらいのピークを迎えられたと感じていますし、池端さんが描かれた松永の最期を演じられて心から良かったと思っています。ですので、お願いですから『爆死じゃないのか』とガッカリしないでください」とした。

トップページに戻る

(ENCOUNT編集部)

あなたの“気になる”を教えてください