大人気のBTS「MAP OF THE SOUL : 7」、2020年に米国で「最も売れたアルバム」に輝く

米国でメディア調査を手がける「MRC Data」は現地時間8日、2020年1月3日から12月31日に集計された米国内のアルバム(CD、LP、カセットテープなど)の販売とデジタルダウンロード、オーディオストリーミングなど音楽関連数値およびトレンドを分析した資料をもとに年間レポートを発表した。

BTS、「MAP OF THE SOUL : 7」が2020年に米国で「最も売れたアルバム」に輝く【写真:Big Hit Entertainment】
BTS、「MAP OF THE SOUL : 7」が2020年に米国で「最も売れたアルバム」に輝く【写真:Big Hit Entertainment】

「Dynamite」2020年DL数は2位曲の2倍以上

 米国でメディア調査を手がける「MRC Data」は現地時間8日、2020年1月3日から12月31日に集計された米国内のアルバム(CD、LP、カセットテープなど)の販売とデジタルダウンロード、オーディオストリーミングなど音楽関連数値およびトレンドを分析した資料をもとに年間レポートを発表した。

 リポートによると、BTSが昨年2月に発表した4枚目の正規アルバム「MAP OF THE SOUL : 7」は計64万6000枚を売り上げ、「トップフィジカルアルバム」で1位を獲得した。同アルバムはアルバム以外の販売数まで合わせた「トップアルバム」ランキングで67万4千枚で2位を記録した。

 BTSは昨年1年間、米国だけで計154万枚のアルバムを売り上げ、アルバムの総販売量の順位でも2位となった。また、同8月に発表したデジタルシングル「Dynamite」は130万件以上ダウンロードされ、「トップデジタルソングセールス」で1位となった。

 ビルボードは「MRC Data」のレポートを分析した記事で、「BTSに最初の『Hot 100』1位をもたらした『Dynamite』は、2020年に100万ダウンロードを超えた唯一の曲」としており、さらに「2019年(Lil Nas Xの『Old Town Road』)に続き米国で2年連続100万ダウンロード以上を記録した曲はたった1曲ずつだった。『Dynamite』は2020年のダウンロー数2位の曲に比べて2倍以上多くダウンロードされた」と説明した。

トップページに戻る

(ENCOUNT編集部)

あなたの“気になる”を教えてください