内藤剛志、榎木孝明、佐野史郎が刑事役秘話告白 実生活で「警官から黙礼される」「警察に逆取材」

1月15日から始まるテレビ東京の金曜ドラマ「今野敏サスペンス 警視庁強行犯係 樋口顕」(午後8時)取材会が行われ、俳優の内藤剛志、榎木孝明、佐野史郎ら出演陣が登壇。サスペンスに引っ張りだこの3人らしい、“刑事ドラマあるある”を披露した。

「今野敏サスペンス 警視庁強行犯係 樋口顕」が1月15日からスタート【写真:(C)テレビ東京】
「今野敏サスペンス 警視庁強行犯係 樋口顕」が1月15日からスタート【写真:(C)テレビ東京】

金曜ドラマ「今野敏サスペンス 警視庁強行犯係 樋口顕」が1月15日からスタート

 1月15日から始まるテレビ東京の金曜ドラマ「今野敏サスペンス 警視庁強行犯係 樋口顕」(午後8時)取材会が行われ、俳優の内藤剛志、榎木孝明、佐野史郎ら出演陣が登壇。サスペンスに引っ張りだこの3人らしい、“刑事ドラマあるある”を披露した。

 警察小説の名手・今野敏の原作をドラマ化した「強行犯係 樋口顕」シリーズは、15年以上にわたり過去9作放送されたテレビ東京の骨太な正統派刑事ドラマだ。これまでも数々のドラマで刑事役を務めてきた内藤は「単なる刑事ドラマじゃなく、正義についての話。正義って、何が正しいか分からない。それを考えるきっかけになってくれれば」。佐野も「地上波でありながら非常にディープでコア。このコロナ禍で何が正しいのかというジャスティスの部分を代弁してるとでも言うのか、今の世に問う内容になっている」と語った。

 いずれもサスペンスを中心に活躍する3人なだけに、“現場あるある”を聞かれるとたちまちじょう舌多弁に。内藤は「名前を覚えるのが大変。よく専門用語を覚えるのが大変そうと言われるけど、意味がないぶん名前のほうがよほど大変。仮に犯人は全員田中さん、被害者は全員山田さんとしてくれたらどんなに楽か。全国の田中さんには悪いけれども」と冗談めかして話した。

 榎木が「これはもう時効なんだけど、以前ストーカーに遭って警察から事情聴取されたときに、ずっと逆取材してた。指紋ってどうやって取るんですか? とか」と話すと、佐野も「俺指紋とられたことあるよ。近所で事件があったときに、顔が分かるもんだから警察の方も『佐野さん、サインください』なんて言って。後で聞いたらそれが指紋を取れる特殊なペンだった。まあ犯人役をやることも多かったからね」と実際のエピソードを披露。内藤は「それなら俺は警察官から黙礼されるよ!」と話し笑いを誘った。

トップページに戻る

(ENCOUNT編集部)

あなたの“気になる”を教えてください