香取慎吾、5年ぶり民放ドラマ「アノニマス」 実力派女優シム・ウンギョンが特別出演

香取慎吾が主演を務めるテレビ東京ドラマ「アノニマス~警視庁“指殺人”対策室~」(2021年1月25日午後10時スタート)に、実力派女優のシム・ウンギョンの特別出演が決定した。香取の元相棒役を演じる。

香取慎吾の相棒役として出演するシム・ウンギョン【写真:(C)「アノニマス」製作委員会】
香取慎吾の相棒役として出演するシム・ウンギョン【写真:(C)「アノニマス」製作委員会】

近年は活動の場を日本にも広げるシム

 香取慎吾が主演を務めるテレビ東京ドラマ「アノニマス~警視庁“指殺人”対策室~」(2021年1月25日午後10時スタート)に、実力派女優のシム・ウンギョンの特別出演が決定した。香取の元相棒役を演じる。

 香取にとって民放ドラマ出演5年ぶり、テレビ東京のドラマ出演は1988年の「あぶない少年3」以来33年ぶり(いずれも2021年1月時点)となる本作。これまでにヒロイン役で関水渚、MEGUMI、山本耕史らの出演が発表されていたが、このたび特別出演としてシムの名前が発表された。

 子役から活躍するシムは、日本でも大ヒットを記録した「サニー 永遠の仲間たち」をはじめ数多くの韓国映画・ドラマに出演。近年は活動の場を日本にも広げている。

 シムが演じるのは、香取演じる万丞渉のかつての相棒・倉木セナ。帰国子女でひと一倍正義感が強く、万丞から一目置かれる刑事だったが、2年前に倉木はある事件に巻き込まれてしまった。詳細はベールに包まれたキャラクター。そんなミステリアスな役どころをどう演じるのか。かつての相棒の倉木が、現在の万丞のストーリーにどう絡んでくるのか、注目だ。

 シムは「初めて演じる役柄なので、自分がうまく表現出来るか楽しみながらも緊張しています。正義という名は私たち人間がつくり上げたものであり、何を正義とするかは難しい課題だと思います。その境目の表現を悩み続けています。頑張ります!」とコメントした。

トップページに戻る

(ENCOUNT編集部)

あなたの“気になる”を教えてください