SKE48福士奈央、新型コロナの恐怖つづる 味覚障害に「泣きながらご飯を食べた」

アイドルグループ「SKE48」の福士奈央が7日、オフィシャルブログを更新。新型コロナウイルスからの復帰を報告し、「本当に申し訳無い」と謝罪を繰り返した。

「SKE48」の福士奈央【写真:ENCOUNT編集部】
「SKE48」の福士奈央【写真:ENCOUNT編集部】

心配性な性格を説明し「本当にこのウイルスの恐怖を感じました」

 アイドルグループ「SKE48」の福士奈央が7日、オフィシャルブログを更新。新型コロナウイルスからの復帰を報告し、「本当に申し訳無い」と謝罪を繰り返した。

 福士は2020年12月21日の深夜に体調の違和感を覚え、翌22日発熱。すぐにPCR検査を受けたが、陰性であったため自宅療養をしていたものの、数日の経過観察においても復調しないため、25日に再度PCR検査を受検。その結果、陽性であることが確認されていた。メンバー15人が濃厚接触者と認定され、昨年内のグループ活動が中止となるなど活動に影響が出ていた。

 SKE48は公式サイトで6日に福士が7日より活動再開すると発表。そして翌7日に福士も自身のブログで「本日から活動を再開させていただくことになりました」と全快を報告した。

 ブログでは「本当にたくさんの方にご迷惑とお心配をおかけしてしまい、申し訳ありませんでした」と謝罪。「謝らないで、とたくさん言っていただいたけれど本当に申し訳なくて、謝りたい、何か行動したい、と思っても身体はしんどくて自宅療養期間は毎日が苦しかったです」と心情をつづった。

「私は人一倍心配性だからコロナが流行する前からどんな時でも手洗いうがいは必ずしていたし、消毒アルコールは常に持ち歩いていました。マスクも常に着用していて、オンライントーク会でも不安があり、着けたままみなさんとお話させていただいた時もありました。それくらい心配症です」と自身の性格を説明。しかし、それでも感染してしまったことに「本当にショックでした」とし、「いつかかったのかもわからないし本当にこのウイルスの恐怖を感じました」と記した。

 メンバー15人が濃厚接触者になったことについても「本当に申し訳ない」と繰り返し謝罪。さらに卒業公演が19日へと延期となってしまった片岡成美に対しても「ごめんなさい」と謝った。

 症状については「じわじわと高熱と味覚嗅覚障害が出てきました」とし、「途中から味がしなくなってしまって(中略)泣きながらご飯を食べた日もありました」と説明した。一方で「後遺症などは出ていません」と現状を報告している。

 長文で思いがつづられたブログ。繰り返しの謝罪をしつつ、支えてくれた周囲の人たちやファンへ感謝の思いを述べ、「2021年もよろしくお願いします!」と締めくくった。

トップページに戻る

(ENCOUNT編集部)

あなたの“気になる”を教えてください