中村アン、新田真剣佑の“シャワータイム秘話”に赤面 「変な意味じゃないですよ?」

女優の中村アン、俳優の新田真剣佑らが7日、東京・TOHOシネマズ六本木で行われた映画「名も無き世界のエンドロール」完成報告会見に参加。29日に公開される同作の撮影秘話を明かした。

「名も無き世界のエンドロール」完成報告会見に参加した中村アンと新田真剣佑【写真:ENCOUNT編集部】
「名も無き世界のエンドロール」完成報告会見に参加した中村アンと新田真剣佑【写真:ENCOUNT編集部】

2人が出演した映画「名も無き世界のエンドロール」は29日に公開される

 女優の中村アン、俳優の新田真剣佑らが7日、東京・TOHOシネマズ六本木で行われた映画「名も無き世界のエンドロール」完成報告会見に参加。29日に公開される同作の撮影秘話を明かした。

「名も無き世界のエンドロール」は2012年「小説すばる新人賞」を受賞した行成薫の同名小説が原作。強い絆で結ばれた幼なじみの親友2人が表と裏それぞれの世界でのしあがり、日本中を巻き込んだある壮大な計画に関わっていく。

 舞台裏で「今日は私がメイン」「報道陣を笑わせる」と豪語していたことを佐藤祐市監督から暴露された中村。撮影で印象的だったことを聞かれると「最後の2日間は真剣佑くんのすごいパワーにぶつかった、すごい経験でした。(新田は)OKが出るとすぐに部屋のシャワーを浴びていて、(切り替えが)すごいなと……。変な意味じゃないですよ? みんなもいるメーク室ですよ!」と慌てて付け加えた。

 これに新田は「朝までの撮影でしたが、まったくつらいと思ったことはございません」。佐藤監督も「最後のシーンは5、6回撮影したんだけど、マッケンは『いいよいいよ!』『監督、どう? どう?』って感じで、終わったときも『え? 終わり? 終わりなの? 終わったー!』って解放感に浸ってた」とその旺盛な体力に感心していた。

トップページに戻る

(ENCOUNT編集部)

あなたの“気になる”を教えてください