芦田愛菜、来年は“はがき職人”に挑戦?「ラジオで読まれるのがうらやましい」

お笑いコンビ「キングコング」の西野亮廣が製作総指揮・原作・脚本を務めたアニメーション「映画 えんとつ町のプペル」(配給:東宝=吉本興業)が25日より全国で公開となった。公開を記念し初日舞台あいさつがTOHOシネマズ六本木にて開催。声のキャストを務めた窪田正孝、芦田愛菜、小池栄子、大平祥生(JO1)と監督の廣田裕介、そして西野が登壇した。

来年の“野望”を記したフリップを手に大爆笑する芦田愛菜の姿【写真:ENCOUNT編集部】
来年の“野望”を記したフリップを手に大爆笑する芦田愛菜の姿【写真:ENCOUNT編集部】

ラジオネームは「芦田愛菜」!?

 お笑いコンビ「キングコング」の西野亮廣が製作総指揮・原作・脚本を務めたアニメーション「映画 えんとつ町のプペル」(配給:東宝=吉本興業)が25日より全国で公開となった。公開を記念し初日舞台あいさつがTOHOシネマズ六本木にて開催。声のキャストを務めた窪田正孝、芦田愛菜、小池栄子、大平祥生(JO1)と監督の廣田裕介、そして西野が登壇した。

 劇中ではルビッチとプペルが夢をかなえるために大きな挑戦をするが、これにちなみ「来年チャレンジしたいこと」を聞かれた芦田は「ラジオ番組ではがきを読んでもらいたい」と回答。共演者からは「地味~」と笑いが起こった。

「最近ラジオにハマっていて、ラジオを聴き始めたんですけど『ラジオネーム○○さんのお便りです』みたいに読まれるのがすごい良いなと思って、うらやましくて」と芦田は理由を説明。「ちょっとインパクトのあるラジオネームを考えてたくさんお便りを出して……」と話した。

 西野が「あるんですか? (ラジオネームの)候補は」と尋ねると「まだ無いんですよ。どんなので出せばよいのかなと」と返答。すると西野は「芦田愛菜じゃないですか? やっぱり」と“アドバイス”を送り笑いを誘った。

 最後に芦田は「どんな世代の方の心にも届くようなそんな作品になっているんじゃないかなと思いますので、ぜひ劇場で観ていただけたらうれしいです」と映画をPRし、あいさつを締めた。

トップページに戻る

(ENCOUNT編集部)

あなたの“気になる”を教えてください