インディアンス、敗者復活でのM-1決勝回想「自信はちょっとあった」「前向きになれた」

20日放送の「M-1グランプリ2020 世界最速大反省会~笑いの呼吸!漫才達人が全集中で全ネタ分析SP~」(GYAO)で「インディアンス」が登場。「自信はちょっとあった」と敗者復活について振り返った。

敗者復活から決勝に進んだ「インディアンス」【写真:(C)M-1グランプリ事務局】
敗者復活から決勝に進んだ「インディアンス」【写真:(C)M-1グランプリ事務局】

世界最速大反省会で吐露「ドキドキして最後まで待っていた」

 20日放送の「M-1グランプリ2020 世界最速大反省会~笑いの呼吸!漫才達人が全集中で全ネタ分析SP~」(GYAO)で「インディアンス」が登場。「自信はちょっとあった」と敗者復活について振り返った。

 敗者復活から決勝に進んだインディアンス。田渕章裕は「途中経過が発表してもらえるのがあったので、ドキドキして最後まで待っていた。自信はちょっとあったほうです。過去の敗者復活に比べれば」と明かした。また、相方のきむは「去年のM-1で嫌なイメージがあったけど、また頑張ろうと前向きになれたのですごくよかった」と口にしている。

 出演していた西田幸治(笑い飯)は「あのポジション(1番手)で、あれだけやれるのはインディアンスぐらい。ネタもすっと入ってくる」と評価。一方、川島明(麒麟)は 「インディアンス(敗者復活)行けるんちゃうっと言っていた。M-1の舞台を整えてくれた。素晴らしかった」と称賛していた。

トップページに戻る

(ENCOUNT編集部)

あなたの“気になる”を教えてください