松本人志、“因縁”ニューヨークに高得点 M-1で絶賛「ちょっと腹立つんですけどオモロかった」

お笑いコンビ「ニューヨーク」が20日の「M-1グランプリ2020」決勝の3番手で登場した中、審査員を務める「ダウンタウン」松本人志が「ちょっと腹立つんですけどオモロかった」と称賛した。

「1年越しのリベンジ」を果たしたニューヨーク【写真:(C)M-1グランプリ事務局】
「1年越しのリベンジ」を果たしたニューヨーク【写真:(C)M-1グランプリ事務局】

松本人志が92点の高得点「チャレンジャーで面白かった」

 お笑いコンビ「ニューヨーク」が20日の「M-1グランプリ2020」決勝の3番手で登場した中、審査員を務める「ダウンタウン」松本人志が「ちょっと腹立つんですけどオモロかった」と称賛した。

 2010年結成のニューヨークは、昨年、初めてM1決勝進出。2年連続でファイナリストとなった中、ツッコミの屋敷裕政は「去年、松本さんに『ツッコミが好みじゃない』と言われたことを忘れた日はなかった」「松本さんに絶対にリベンジしたい気持ちがあった。やっと土俵に立てる」とリベンジを誓っていた。

 松本は92点の高得点をつけた中、「うーん。ちょっと腹立つんですけどオモロかった」と絶賛。屋敷は「よっしゃ! 1年越しのリベンジ」と喜びをあらわにした。松本は「攻めてるなという感じがした。ちょっと時代と逆行している感じが、チャレンジャーで面白かった」と賛辞を送っていた。

トップページに戻る

(ENCOUNT編集部)

あなたの“気になる”を教えてください