CA広瀬すずとパイロット坂口健太郎の制服2S公開 お似合いの姿が話題沸騰

女優・広瀬すずがCA(キャビンアテンダント)役に初挑戦することで話題になっている2021年春放送のテレビ朝日系スペシャルドラマ「エアガール」に、ヒロインと淡い恋を繰り広げるパイロット志望の青年役で坂口健太郎の出演が決定した。

「エアガール」に出演する坂口健太郎(左)、広瀬すず【写真:(C)テレビ朝日】
「エアガール」に出演する坂口健太郎(左)、広瀬すず【写真:(C)テレビ朝日】

テレビ朝日系「エアガール」で共演 “機長の証”ゴールドの4本ライン

 女優・広瀬すずがCA(キャビンアテンダント)役に初挑戦することで話題になっている2021年春放送のテレビ朝日系スペシャルドラマ「エアガール」に、ヒロインと淡い恋を繰り広げるパイロット志望の青年役で坂口健太郎の出演が決定した。

 このたび、レトロビューティーなCAの制服に身を包んだ広瀬と、パイロットのユニフォームを凛々しくまとった坂口による、“まぶしすぎる2ショット”が解禁となった。

「エアガール」は、“空”へのあこがれを胸に、どこまでもひたむきに激動の昭和を駆け抜けた、戦後初のCAの姿を描く大型スペシャルドラマ。史実をベースに、当時の“最先端のお仕事”=エアガールとして奮闘したひとりの女性の青春を瑞々しく描写する。チャレンジ精神旺盛で最高にキュートな“空飛ぶヒロイン”を、広瀬がまっすぐに演じる。

 また、坂口が演じる三島優輝は、パイロットになるという夢を抱きながら、戦後初の日本の航空会社設立に奔走する青年。広瀬演じる主人公・佐野小鞠にエアガールという仕事を教え、彼女を“空”の世界へといざなう、重要な役どころとなる。

 坂口は「僕はこの作品から“時代のエネルギー”をすごく感じたんです。戦後、日本初の航空会社設立という夢を追う人たちのあふれ出るエネルギーみたいなものを、僕なりの解釈で三島という人物に落とし込めたらと思いました」と、役柄に投入した熱い思いを告白。数々のドラマや映画で唯一無二の存在感を放ってきた坂口が、本作では夢の実現に向けて静かなる闘志を燃やす三島というキャラクターを、さわやかかつ力強く体現していく。

 広瀬と同様、坂口も本作がテレビ朝日系ドラマ初出演であり、パイロット役も初めて。“機長の証”であるゴールドの4本ラインが入ったユニフォームを着用するのももちろん初体験でだったが、パイロットの制服をクールに着こなした坂口の姿に、現場の女性スタッフからは「似合う~!」「カッコイイ!!」と黄色い声があがっていた。

 広瀬は、坂口との共演について、「『さわやか~!!』というのが第一印象でした(笑)。坂口さんは見た目、ものすごくさわやかなんですけど、お話ししてみたら……とっても面白い方ですね!」と印象を語っている。

トップページに戻る

(ENCOUNT編集部)

あなたの“気になる”を教えてください