新婚女優の早見あかりが夫婦円満の秘訣を披露

女優の早見あかり(24)らが22日、東京・スペースFS汐留で行われた映画「女の機嫌の直し方」の完成披露舞台あいさつに出席した。本作は、話題のAI研究者・黒川伊保子氏のベストセラー「女の機嫌の直し方」を原案としたハートフルコメディ。早見のほかに、キャストの平岡祐太(34)、松井玲奈(27)、佐伯大地(28)と有田駿介監督が出席し、制作秘話や男女観について語り合った。 

『女の機嫌の直し方』舞台あいさつ (左から)平岡祐太、早見あかり、松井玲奈、佐伯大地、有田駿介監督
『女の機嫌の直し方』舞台あいさつ (左から)平岡祐太、早見あかり、松井玲奈、佐伯大地、有田駿介監督

映画「女の機嫌の直し方」 男はなぜ女をイライラさせるのか、を解き明かす

 女優の早見あかり(24)らが22日、都内で行われた映画「女の機嫌の直し方」の完成披露舞台あいさつに出席した。本作は、AI研究者・黒川伊保子氏のベストセラー「女の機嫌の直し方」を原案としたハートフルコメディ。早見のほかに、平岡祐太(34)、松井玲奈(27)、佐伯大地(28)と有田駿介監督が出席し、制作秘話や男女観について語り合った。 
 
 本作は、結婚式場で巻き起こる男女のトラブルを、男女脳の違いを分析した最新のAI研究をもとに解決していくストーリー。「脳科学」と「結婚式」をテーマにかけ合わせた意欲作だ。

 大学でAIの研究をしている理系女子の真島愛を演じた早見は「女性には、自分がなんでイライラしているのかが分からないときがある。女性特有の感情の浮き沈みについて、脚本で明確に言葉にされている。男性がなぜ(女性を)イライラさせるのか。女性はなんでイライラしてしまうのか。イライラして、もやもやする理由がこうだったのかと分かった。本当に勉強になった」と、撮影を通して理解を深めたことを話した。

和気あいあいとトークが盛り上がった
和気あいあいとトークが盛り上がった

 熱血ウェディングプランナー・青柳誠司役の平岡は「共感というものが描かれている映画。僕も女性を怒らせたり、何を考えているのか分からないと言われ続けてきた。この作品にもっと早く出合っていればよかった」と感想を語った。

 平岡が「映画を観たあとに、自分も実践してみようかなと思える作品。実践してみるようにしました」と口にすると、早見らから何を実践しているのか聞かれる場面も。平岡は「女性の話を聞きながら、『うーん、分かるよ』と言うようにしている。日常で心掛けている」と明かした。すかさず早見が「正解だと思います」と答えるなど、和気あいあいとした雰囲気でトークが盛り上がった。

早見あかりは夫婦円満の秘訣を披露
早見あかりは夫婦円満の秘訣を披露

 新婚の早見は、夫婦円満の秘訣を問われると、「結婚して半年ぐらいのペーペーですが、この作品で勉強になったのは、自分が求めるだけではなくて、相手の意見を尊重して許容するという思いやりが必要だということ。怒ることがあっても、相手の気持ちを考えながら、楽しくずっと長く一緒にいられたらいいなと思っています」と話した。

 本作は6月15日からユナイテッド・シネマ アクアシティお台場ほか全国順次公開となる。

(ENCOUNT編集部)