岡田准一主演「燃えよ剣」 延期を挟み、2021年10月公開決定

岡田准一主演の映画「燃えよ剣」(原田眞人監督)が、2021年10月に公開することが決定した。

映画「燃えよ剣」の公開日が発表【写真:(C)2021「燃えよ剣」製作委員会】
映画「燃えよ剣」の公開日が発表【写真:(C)2021「燃えよ剣」製作委員会】

柴咲コウ、鈴木亮平、山田涼介…豪華キャスト集結

 岡田准一主演の映画「燃えよ剣」(原田眞人監督)が、2021年10月に公開することが決定した。

 司馬遼太郎原作の国民的ベストセラーを完全映画化したもので、史上最強の剣客集団「新選組」と副長・土方歳三を描く、歴史エンターテインメント超大作。

 新型コロナウイルスの影響で、公開が延期となっていたが、改めて公開日が発表となった。

【ストーリー】
江戸時代末期。黒船が来航し開国を要求した。幕府の権力を回復させ外国から日本を守る佐幕派と、天皇を中心に新政権を目指す倒幕派の対立が深まりつつあった激動の時代-。武州多摩の“バラガキ”だった土方歳三(岡田准一)は、「武士になる」という熱い夢を胸に、近藤勇(鈴木亮平)、沖田総司(山田涼介)ら同志とともに京都へ向かう。徳川幕府の後ろ盾のもと、芹沢鴨(伊藤英明)を局長に擁し、市中を警護する新選組を結成。土方は副長としてたぐいまれな手腕と厳しい法度で組織を統率し、新選組は倒幕派勢力の制圧に八面六ぴの活躍を見せる。お雪(柴咲コウ)と運命的に出会いひかれあう土方だったが時流は倒幕へと傾いていき……池田屋事件、鳥羽・伏見、五稜郭の戦い……変革の世で剣を手に命を燃やした男たちの、信念と絆。愛と裏切り。そのすべてを圧倒的スケールで描き切る、歴史エンターテインメント超大作。

トップページに戻る

(ENCOUNT編集部)

あなたの“気になる”を教えてください