「おちょやん」名倉潤が感じたプレッシャー 「自分はドラマに向いている顔だと思っていない」

NHK連続テレビ小説「おちょやん」(月~土曜、午前8時)に出演する名倉潤のインタビューが届いた。演じる役柄の印象や現場の雰囲気などを語っている。

岡田宗助役の名倉潤【写真:(C)NHK】
岡田宗助役の名倉潤【写真:(C)NHK】

芝居茶屋「岡安」の主人・岡田宗助役で出演

 NHK連続テレビ小説「おちょやん」(月~土曜、午前8時)に出演する名倉潤のインタビューが届いた。演じる役柄の印象や現場の雰囲気などを語っている。

 本作は上方女優の浪花千栄子さんの半生をモデルに、大阪の南河内の貧しい少女・竹井千代が奉公に出た道頓堀で芝居の素晴らしさに魅了され、女優の道を目指し、歩んでいく姿を描く。ヒロインは女優の杉咲花が務める。

 名倉が演じるのは、芝居茶屋「岡安」の主人・岡田宗助。シズ(篠原涼子)に一目ぼれし、婿養子として岡田家に入ったため、シズには頭が上がらない。温和でやさしい性格で、シズや千代を後ろから優しく支えている。

――今回「おちょやん」に出演することが決まったときのお気持ちは?

「最初、オファーをいただいた時はすごくうれしかったですけど、その反面、自分に演じられるのだろうかとプレッシャーを感じました。ドラマが苦手で、基本的に自分はドラマに向いている顔だと思っていないんですよね(笑)。コントはやっていましたが、お芝居とはまた違うじゃないですか。皆さんに迷惑をかけないように頑張ろうと、緊張というかピリッとします。バラエティーでピリっとすることはあまりないでしょう(笑)?」

――ご自身の役柄についての印象(ご自身との共通点・異なる点など)は? 演じるうえで楽しみにしていること、役のここに注目してほしいという点は?

「宗助さんはほんとうにあったかい、優しい人で、妻や娘のみつえのことが大好きで大好きでしょうがない人です。千代のことも大好きで、愛があふれる人だなと思いますね。役作りっていうのができているかどうかわからないですけど、宗助さんについてはあまりしかめっ面をしているイメージがないので、とにかく笑顔でいられるシーンは笑顔でいたいと考えています。連続テレビ小説『べっぴんさん』では、もう少し厳しめの、だけども優しいお父さん役でしたが、今回は、もうとろけるような甘いお父さんなんです。ちょっとおっちょこちょいなところやかわいらしいところが出れば、僕にとってはOKなのかなと思うので、基本的にはニコニコしていたいですね。『べっぴんさん』で演じた正蔵さんより、今回の宗助さんのほうが自分と似ているかもしれません」

――収録に参加されてみて、現場の印象は?

「4年前の『べっぴんさん』に出演させていただいたので、NHK大阪にホーム感はすごくあります。スタッフさん、メークさん、衣裳さん、みんな一緒なのでなんか家族感というか、『戻ってきたな』という感じです。もちろん、ほかの現場でも和気あいあいとやらせてもらっていますが、ここは特にホームな感じがありますね。皆さん優しくて、僕の芝居にあんまりダメ出しがなくて、あったかいです」

――放送を楽しみにしている視聴者の方々へのメッセージをお願いします。

「共演者の方々のお芝居が本当にすばらしいですし、魅力あふれる台本です。物語については、心にまっすぐに届く、あったかい部分が多いですね。千代が駆け抜けて行くさまが圧巻ですし、泣けるシーンもたくさんあります。笑えて、楽しくて、泣けるドラマというのは、今まであまりなかったような気がします。絶対におもしろいので、ぜひ観ていただきたいなと思います。僕が出演する場面では目をつむっていただいて(笑)」

トップページに戻る

(ENCOUNT編集部)

あなたの“気になる”を教えてください