「鶴瓶の家族に乾杯」に風間俊介初登場 徳川家康ゆかりの地で大人気に

NHKは「鶴瓶の家族に乾杯」の特別編を29日午前8時20分より放送する。

「鶴瓶の家族に乾杯」に風間俊介初登場【写真:(C)NHK】
「鶴瓶の家族に乾杯」に風間俊介初登場【写真:(C)NHK】

大盛り上がりの75分

 NHKは「鶴瓶の家族に乾杯」の特別編を29日午前8時20分より放送する。

 笑福亭鶴瓶とゲストの風間俊介が、のんびり走るユニークなバスに乗りながら、群馬県桐生市で“ぶっつけ本番の旅”に挑戦。

 今回のロケで2人が乗り込んだのは、桐生市内を観光客向けに走っている、カラフルな電動バス、通称「MAYU」。最高時速は19キロ、しかも窓がないこのバスは、のんびりと街をめぐるにはうってつけ。ゲストの風間が「むしろ外!」というほどのオープンなバスに乗って、2人は出会いを求めて旅をする。

 旅の舞台・桐生市は、徳川家康の命により、絹織物の拠点都市として整備され、栄えた町。現在放送中の大河ドラマ「麒麟がくる」で徳川家康を演じている風間は、町の人から大人気に。

 風間は、待ち合わせ場所に鶴瓶がなかなか現れなかったり、やっと出会えたと思ったら「お前は大丈夫やろ」と早々に別れを切り出されたりと、鶴瓶からいい感じにほっておかれてしまう。しかし、1人旅となった風間は、名物ひもかわうどんを味わいながらうどん店を営むご家族と意気投合したり、地元の女子中学生たちとほっこり青春トークをしたりと、素敵な出会いを次々に繰り広げる。

 一方、鶴瓶は、ソースかつ丼店で、芸能人を写実的に鉛筆で描くアマチュアの画家の存在を知り、自分の絵をリクエストしたり、アルゼンチン人と日本人の夫婦と出会い、ドラマチックななれそめを聞き出したりと、久しぶりの“ぶっつけ本番の旅”でも本領発揮。

 さらにスタジオでは、鶴瓶と風間の気の置けないトークも。大盛り上がりの75分となる。

トップページに戻る

(ENCOUNT編集部)

あなたの“気になる”を教えてください