東山紀之主演舞台の初日公演が延期 キャスト・スタッフがコロナ陽性

東京・渋谷のPARCO劇場で7日に開幕予定だった俳優の東山紀之主演舞台「チョコレートドーナツ」(7~30日)が急きょ延期となったことが6日、分かった。出演者・スタッフに新型コロナウイルス陽性者が発生したためで、これに伴い6日午後に予定されていたフォトコール&初日会見も中止となった。主催者側は「公演の中止日程などの詳細は改めて発表します」と対応に追われている。

2012年公開米映画の世界初舞台化 演出家の宮本亞門氏と初タッグ

 東京・渋谷のPARCO劇場で7日に開幕予定だった俳優の東山紀之主演舞台「チョコレートドーナツ」(7~30日)が急きょ延期となったことが6日、分かった。出演者・スタッフに新型コロナウイルス陽性者が発生したためで、これに伴い6日午後に予定されていたフォトコール&初日会見も中止となった。主催者側は「公演の中止日程などの詳細は改めて発表します」と対応に追われている。

 主催者側はこれまでの感染対策について、「稽古中は感染対策を徹底し、11月27日に実施したPCR検査では全員陰性を確認しておりましたが、12月4日未明、出演者の1人が発熱し、当日にPCR検査を行ったところ、5日に陽性と確認されました。それに伴い、4日、5日の稽古を中止の上、改めてキャスト・スタッフ全員のPCR検査を行ったところ、さらに2名の陽性が5日夜に確認されました。従いまして6日午後1時から予定しておりました本公演のフォトコールと初日前会見を中止とさせていただきます。本公演の7日の開幕は延期します」とのリリースを報道各社に送信した。

 公演については「中止日程等の詳細は改めて公式サイトで発表させていただきます」としている。関係者は「ENCOUNT」の取材に「東山さんは陰性だったと聞いています」と明かした。

 東山主演の「チョコレートドーナツ」は、2012年に公開された同名米映画の世界初舞台化。東山はドラァグクイーン役に挑戦し初共演の谷原章介とゲイカップルを演じる。1979年のウエスト・ハリウッドを舞台に、ショーパブダンサーのルディ(東山)と地方検事ポール(谷原)のゲイカップルが、家庭局へ連れて行かれたダウン症のある少年マルコを取り戻すために裁判を通して戦う。実話に基づいたストーリーで、差別や偏見に立ち向かう人間たちのあきらめない姿を感動的に描く。

 東山が演出家の宮本亞門氏と初タッグを組むことや、実際にダウン症のある高橋永と丹下開登がダブルキャストで出演することでも注目を集めていた。同舞台への出演について東山は「全身全霊で演じたい」と意欲を見せていた。

トップページに戻る

(ENCOUNT編集部)

あなたの“気になる”を教えてください