前澤友作氏、YouTube初投稿が大反響 「1000億円記帳動画」100万回再生に大満足

YouTuberデビューしたZOZOの創業者・前澤友作氏(44)が1日、ツイッターを更新。11月29日にYouTubeに初投稿した動画の再生が100万回を超えたことを自画自賛した。

前澤友作氏【写真:Getty Images】
前澤友作氏【写真:Getty Images】

ツイッターで報告「これからもちょこちょこ投稿していく」

 YouTuberデビューしたZOZOの創業者・前澤友作氏(44)が1日、ツイッターを更新。11月29日にYouTubeに初投稿した動画の再生が100万回を超えたことを自画自賛した。

 ヤフーとの資本業務提携により、ZOZO社長を辞任した前澤氏は、保有していた株式の約19%を売却し、約1500億円の売却益を得たとされている。「【初投稿】1000億円を通帳に記帳してみた」とタイトルが付けられた動画では、そのうち借金返済に充てた約500億円を除いた約1000億円を通帳に記入する様子が描かれている。

 実際、記帳を終えた前澤氏がカメラに向かって通帳を見せると、そこには11月22日に「1020億874万1097円」の振り込みがあったことが印字されていた。

 この動画は否定的な意見も含め多くの波紋を呼んだが、再生回数は2日午前9時現在で112万回を超えている。前澤氏は「賛否両論の中、YouTube初投稿の再生数100万回超え」と自ら祝福し「これからもちょこちょこ投稿していくので、よろしくお願いします!」とつづった。

トップページに戻る

(ENCOUNT編集部)