小田和正「クリスマスの約束」、今年の収録・放送を断念 コロナ禍影響、小田とも話し合い

TBSは1日、毎年恒例の小田和正の音楽特番「クリスマスの約束」について、新型コロナウイルス感染症の影響により、2020年は新たな収録・放送を行わないことを発表した。

「完璧な方法を見つけることは出来ませんでした」

 TBSは1日、毎年恒例の小田和正の音楽特番「クリスマスの約束」について、新型コロナウイルス感染症の影響により、2020年は新たな収録・放送を行わないことを発表した。

 同番組の公式ホームページに、「毎年『クリスマスの約束』の放送を心待ちにして下さる皆様へ」と題してメッセージを掲載。「2020年、『クリスマスの約束』は、新たな収録・放送を行いません」と報告した。

 続けて、「コロナ禍の中、番組のあり方をどうすれば良いのか、小田さんと話し合いました。感染防止に配慮した上であっても、大勢のアーティスト、ミュージシャン、スタッフ、そしてお越しくださるお客様が参加する中で、完璧な方法を見つけることは出来ませんでした」と説明した。

 そのうえで、「今年は、新たな番組をお届けすることは出来ませんが、来年、新たな『クリスマスの約束』を、小田さんと一緒にお届けしたいと考えています。何卒、ご理解いただけますようお願い申し上げます」と来年に向けての思いを表明した。

トップページに戻る

(ENCOUNT編集部)

あなたの“気になる”を教えてください