BTS、新アルバム「BE」が米ビルボード200で1位 通算5度目の快挙

韓国の7人組ボーイズグループBTSの新アルバム「BE (Deluxe Edition)」が、アメリカビルボード最新チャート(12月5日付)のビルボード200で初登場1位を獲得することが30日、明らかとなった。ビルボードは29日(現地時間)に公式ホームページを更新し「BTS、『BE』で‘Billbaord200’チャート5度目の1位達成」というタイトルの記事をアップした。3月7日付チャートでビルボード200に1位で初登場した「MAP OF THE SOUL:7」に続き今年2度目のビルボード200首位となった。

BTS【写真:(C)Big Hit Entertainment】
BTS【写真:(C)Big Hit Entertainment】

非英語圏のアルバムで1位を獲得した11枚のアルバムのうち5枚がBTS

 韓国の7人組ボーイズグループBTSの新アルバム「BE (Deluxe Edition)」が、アメリカビルボード最新チャート(12月5日付)のビルボード200で初登場1位を獲得することが30日、明らかとなった。ビルボードは29日(現地時間)に公式ホームページを更新し「BTS、『BE』で‘Billbaord200’チャート5度目の1位達成」というタイトルの記事をアップした。3月7日付チャートでビルボード200に1位で初登場した「MAP OF THE SOUL:7」に続き今年2度目のビルボード200首位となった。

 ビルボードによると、BTSは2020年に発表した2枚のアルバムでビルボード200チャート1位を記録した唯一のグループで、「The Beatles」以降、最も短い期間で5枚のアルバムをビルボード200チャート1位に押し上げたグループとなった。また、非英語圏のアルバムで1位を獲得した11枚のアルバムのうち、5枚がBTSのアルバムであると説明された。

 ビルボード200チャートは同一アルバム単位で測定したアメリカの消費量を基準に、アルバム売上をはじめダウンロードやストリーミング回数などを合算し、1週間で最も人気のあったアルバムの順位を決める。BTSの「BE」がビルボード200で1位を獲得した最新チャートは12月1日にビルボードホームページにアップされる予定。

トップページに戻る

(ENCOUNT編集部)

あなたの“気になる”を教えてください