ヒャダインと岡崎体育が2人で音楽番組のMC コラボ楽曲誕生の可能性も

ミュージシャンのヒャダインと岡崎体育が30日、都内のNHKで、レギュラーMCを務めるEテレの新番組「ヒャダ×体育のワンルーム☆ミュージック」(来年1月5日スタート、火曜午後10時50分)の収録と会見を行った。音楽制作ソフトの発達により誰でも手軽に曲作りができ、ネットで発信可能となった時代に、演奏できる楽器もなく、譜面を読めなくとも曲作りすることの楽しさを提案する番組。

会見に出席したヒャダイン(左)と岡崎体育
会見に出席したヒャダイン(左)と岡崎体育

NHKのEテレ新番組「ヒャダ×体育のワンルーム☆ミュージック」の収録と会見に参加

 ミュージシャンのヒャダインと岡崎体育が30日、都内のNHKで、レギュラーMCを務めるEテレの新番組「ヒャダ×体育のワンルーム☆ミュージック」(来年1月5日スタート、火曜午後10時50分)の収録と会見を行った。音楽制作ソフトの発達により誰でも手軽に曲作りができ、ネットで発信可能となった時代に、演奏できる楽器もなく、譜面を読めなくとも曲作りすることの楽しさを提案する番組。

 ヒャダインは「最近、外に出られないことからDTM(パソコンを使って音楽を制作したり、編集すること)が注目されている。ハードルが高いと思われがちですが、めちゃめちゃ簡単だということを伝え、趣味で音楽を作れて簡単だとお伝えしたい」と抱負を語った。また、来てほしいゲストについては「海外で活躍している方がどういうふうに曲を制作しているか、やり方を聞きたい」と話した。公共放送でやる意味は「手をつけることのなかった人に簡単にできないにしても、楽しいと教えられること。(2人で)共有しています」とした。

 岡崎も「いろんな世代の人に音楽を作る楽しみ、手軽さを分かってほしい」と抱負を述べた。また「自分たちが触ったことのない音楽ソフトも山ほどあるので、僕たちも一緒に学んでいきたい」とも。また、ゲストに来てほしい人は「宇多田ヒカルさん。DTMを使っていると知ってびっくりしたので、きっかけや、どういうふうな制作をしているか聞いてみたい」と語った。この番組でコラボ楽曲が生まれる可能性には「十分にあると思います。ない話ではない。何なら出てくれた(ゲストの)皆さんとコラボをやってみたい」。ヒャダインも「すてき」とうなずいた。

 番組のテーマは「ワンルームから世界へ」。スタジオのセットはそれぞれの思い出の部屋を忠実に再現している。

 ヒャダインは「我々の黎明期を支えた部屋を忠実に再現しています。いつも来るたびに、タイムトリップ感が半端ないです。ちょっと背筋が伸びる。ここでいろんな曲作ったな」と語ると「20代の青春の部屋」と紹介した。

 岡崎も「実家の部屋を作ってもらっています。新鮮な気持ちプラス懐かしい。あの部屋でロフトベッドから落ちて肩甲骨を折ったし、あの部屋で受験勉強したし、ポケモンの曲もやらせてもらって世界中の人に自分の音楽が届いた」。部屋にタイトルを付けるなら「子供部屋から世界へ」と語った。

トップページに戻る

(ENCOUNT編集部)

あなたの“気になる”を教えてください