木村カエラ、初のナレーション仕事で苦境に立つライブハウスの現状を伝える

歌手の木村カエラが21日放送の音楽番組「シブヤノオト」(NHK総合、深夜0時5分~)でナレーションを担当する。木村がナレーションの仕事をするのは初となる。

木村カエラ
木村カエラ

21日放送「シブヤノオト」で担当

 歌手の木村カエラが21日放送の音楽番組「シブヤノオト」(NHK総合、深夜0時5分~)でナレーションを担当する。木村がナレーションの仕事をするのは初となる。

 これまで若い世代の音楽文化、シーンを育み、数多くの伝説を生んできたライブハウスが今、未曽有の危機に立たされている。新型コロナウイルスの感染拡大にともなう営業自粛や、再開後も収容人数を大幅に減らすなど苦しい状況が続く。

 今回同番組では、そんな窮地に立たされている全国のライブハウスにアンケート調査を実施。ライブハウスの現状、今抱えている悩みや新たな取り組みなど、ライブハウスの今を紹介する。

 また、ライブハウスを愛するミュージシャンたちにインタビューを敢行。自分たちにとってライブハウスがどれほど大切な場所なのか、その魅力を語り、奮闘するライブハウスにエールを送る。

 ロックバンド「ムーンライダーズ」の鈴木慶一は、東京・渋谷にある1969年創業の老舗「B.Y.G」を訪問し、50年前の渋谷の様子を語る。

 岡崎体育は奈良の「NEVERLAND」、尾崎世界観(クリープハイプ)は東京の下北沢「DaisyBar」と、それぞれがメジャーデビュー前に活動の拠点としていたライブハウスを訪問。当時を知るスタッフとの思い出話や、ライブハウスの現状について語る。また、クリープハイプが行ったファンクラブ会員限定の配信ライブの模様も届ける。

 番組ではさらに、現在ライブハウスツアーを行っている「ヤバイTシャツ屋さん」のライブ会場に潜入。この時期にライブハウスで演奏をすることを選んだ覚悟を聞く。そのほか、キュウソネコカミ、SCANDAL、オカモトショウ(OKAMOTO’S)、04 Limited Sazabysが登場。ライブハウスへの熱い思いを語る。

 ナレーションを担当する木村は、自身もデビュー以来、ライブハウスで数多くのライブを行ってきた。ナレーションの仕事は初めてとなる木村が、音楽への愛にあふれた語りを披露する。

トップページに戻る

(ENCOUNT編集部)

あなたの“気になる”を教えてください