映画「鬼滅の刃」に新ライバル登場? 英メディアが指摘「熾烈な競争に直面する」

10月16日から全国403館(IMAX38含む)で初日を迎えた「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」は、15日までの1か月間の興行成績が動員1750万5285人、233億4929万1050円を記録し、興行収入歴代5位(興行通信社調べ)となった。新型コロナウイルスの感染が再び広がる中、失速を見せない鬼滅ブームに、英メディアは「期待どおりの頑強さを証明した」と称賛。その一方で、快進撃を阻む可能性のある新たなライバルの存在を指摘している。

英メディアが「鬼滅の刃」の新ライバル登場を予想(写真はイメージ)【写真:写真AC】
英メディアが「鬼滅の刃」の新ライバル登場を予想(写真はイメージ)【写真:写真AC】

「期待どおりの頑強さを証明している」と鬼滅ブームを称賛も…

 10月16日から全国403館(IMAX38含む)で初日を迎えた「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」は、15日までの1か月間の興行成績が動員1750万5285人、233億4929万1050円を記録し、興行収入歴代5位(興行通信社調べ)となった。新型コロナウイルスの感染が再び広がる中、失速を見せない鬼滅ブームに、英メディアは「期待どおりの頑強さを証明した」と称賛。その一方で、快進撃を阻む可能性のある新たなライバルの存在を指摘している。

「国際興行収入 デーモン・スレイヤーが日本歴代トップ5入り」という見出しで特集したのは、英エンタメメディア「スクリーン」だった。

 記事では海外で「デーモン・スレイヤー」として知られる鬼滅の刃の劇場版の躍進に注目。「日本のアニメ、デーモン・スレイヤーは日本で公開5週目にして期待どおりの頑強さを証明している」と報じている。

 そして、日本国内ではIMAX史上歴代トップの「ボヘミアン・ラプソディ」を抜いて、歴代1位になったことも紹介している。

 興行収入において大成功を収めている鬼滅ブームだが、その一方で新たなライバルの登場を予想。20日から公開予定の映画「STAND BY ME ドラえもん2」に触れ、「(鬼滅の刃は)日本でし烈な競争に直面することになるだろう」と分析していた。

トップページに戻る

(ENCOUNT編集部)

あなたの“気になる”を教えてください