高梨臨、5年ぶり月9で上野樹里と初共演「居心地の良い現場」 「監察医 朝顔」に出演

女優の高梨臨が上野樹里主演の月9ドラマ「監察医 朝顔」第4話(23日放送)にゲスト出演することが分かった。

ドラマ「監察医 朝顔」第4話にゲスト出演する高梨臨【写真:(C)フジテレビ】
ドラマ「監察医 朝顔」第4話にゲスト出演する高梨臨【写真:(C)フジテレビ】

高梨にとって「5→9~私に恋したお坊さん~」以来の月9出演

 女優の高梨臨が上野樹里主演の月9ドラマ「監察医 朝顔」第4話(23日放送)にゲスト出演することが分かった。

 月9ドラマとしては33年の歴史の中で初となる2クール連続放送で放送される同ドラマ。高梨は妹を亡くした介護士を演じる。高梨にとっては「5→9~私に恋したお坊さん~」(15年)以来、5年ぶりの月9出演。主演の上野とは初共演となる。

 出演について高梨は「『監察医 朝顔』の、優しく流れるような時間がとても好きなので、出演のオファーをいただいた時はとてもうれしかったです。しかし、台本を読んだ時に、なんとも救われない気持ちになりました。この役をいただくには、すごく重いものを背負わないといけないなというプレッシャーが大きかったです」とコメント。

 上野との初共演については「初めてお会いしましたが、言葉や、表情ひとつひとつが全てすてきで、自分の訴えている感情や、うちに秘めている気持ちまでもをくみ取ってくれているように感じました。お話の内容や役柄的にも、現場であまり多くは、お話はできませんでしたが、キャストの皆さん、スタッフさんたちのチームワークが良く、とても居心地の良いすてきな現場でした」と振り返った。

 そして、「今回の話は、真実を知ることによって、より悲しみが深くなってしまうという、とても悲しい話です。この話を通して、いつも周りにいてくれる家族や、友人や、大切な人たちのことを、日々もっと大切にしていきたいなと私自身思いました。見てくださる視聴者の皆さんにも、そう感じていただけたら幸せです」と視聴者へのメッセージを送った。

トップページに戻る

(ENCOUNT編集部)

あなたの“気になる”を教えてください