飯豊まりえ、冷めた女子大生役で「冷たくせりふを発するのが楽しみ」笠松将もドラマ出演決定

竹内涼真が主演を務め、日本テレビ系で2021年1月期に放送予定の日曜ドラマ「君と世界が終わる日に」(毎週日曜午後10時30分予定)で、竹内とともに死と隣り合わせの“終末世界”を生き抜こうとするサバイバーの一人として、笠松将と飯豊まりえが出演することが決まった。

ドラマ「君と世界が終わる日に」笠松将(左)と飯豊まりえ【写真:(C)日本テレビ】
ドラマ「君と世界が終わる日に」笠松将(左)と飯豊まりえ【写真:(C)日本テレビ】

日本テレビとHuluの共同製作ドラマ「君と世界が終わる日に」

 竹内涼真が主演を務め、日本テレビ系で2021年1月期に放送予定の日曜ドラマ「君と世界が終わる日に」(毎週日曜午後10時30分予定)で、竹内とともに死と隣り合わせの“終末世界”を生き抜こうとするサバイバーの一人として、笠松将と飯豊まりえが出演することが決まった。

 本作は、日本テレビとHuluの共同製作ドラマ。中条あやみがヒロインを務め、竹内が主人公の間宮響、中条は間宮の恋人で研修医の小笠原来美役で出演する。今回、笠松が演じるのは響と来美の同級生でありながら冷徹なところのある警察官、等々力比呂。飯豊はどこか冷めたところのある女子大生、柊木佳奈恵を演じる。

 役どころについて、笠松は「(等々力は)主人公の響と対極にいるキャラクター」であり、「2人のライバル関係にも注目していただければと思います」と語り、「視聴者の皆さんにも、キャラクターたちの心の動きを、今生きている自分自身に当てはめて見ていただけるととてもうれしいです」と呼びかけた。

 飯豊は「(佳奈恵は)どこか冷めていて、人との距離を置いている女の子」と表現。「今まで演じたことがないような役」と、これまで演じてきた役とのギャップについて語り、「今から共演者のみなさんに冷たくせりふを発するのが楽しみでしょうがないです(笑)」とちゃめっ気たっぷりにコメントした。

 2人はすでにクランクインし、撮影に合流している。そのほかの共演者については今後随時発表となる。前代未聞のスケールで繰り広げられる、極限のすれ違いラブストーリー、そして、死と隣り合わせの状況下で生まれる濃密な人間ドラマに注目だ。

トップページに戻る

(ENCOUNT編集部)

あなたの“気になる”を教えてください