鬼滅の刃、台湾でアニメ映画の初動興行収入歴代1位 「アナ雪2」「君の名は。」超え

大ヒット公開中の「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」の人気ぶりは、日本のみならず世界に広まっている。10月30日から上映が始まった台湾では、初日3日間の興行収入が1.17億台湾ドル(約4.3億円)、累計動員数約47万人を記録し、「アナと雪の女王2」「君の名は。」を超え、台湾におけるアニメ映画の初動興行収入歴代1位を獲得した。

「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」第3弾キービジュアル【写真:(C)吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable】
「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」第3弾キービジュアル【写真:(C)吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable】

台湾でも大人気 一部映画館では初日に57回という驚異的な回数で上映

 大ヒット公開中の「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」の人気ぶりは、日本のみならず世界に広まっている。10月30日から上映が始まった台湾では、初日3日間の興行収入が1.17億台湾ドル(約4.3億円)、累計動員数約47万人を記録し、「アナと雪の女王2」「君の名は。」を超え、台湾におけるアニメ映画の初動興行収入歴代1位を獲得した。

 日本でも人気を誇った「アナと雪の女王2」は、台湾の歴代アニメ映画興行収入1位(累計興行収入3億4392万台湾ドル)となっており、その初動成績が1億230万台湾ドル(約3.76億円)(※木曜~日曜の4日間)であったことから、鬼滅の刃の今後の記録が期待される。

 また、台湾における一部映画館では初日に57回という驚異的な回数を上映されるなど作品への注目度は高く、公開直前に開催された「鬼滅の刃」マラソンイベントには約1万人の参加者が集まるなど、日本に劣らず台湾においても大きな注目を集めている。

 台湾の配給会社であるMuse Communication社は「初動で1億台湾ドル超えるとは想像もしませんでした。作品を担当させていただきとても光栄です。台湾で新たな歴史を作っていきたいと思います」と歓喜のコメントを寄せており、鬼滅ファンによって映画館の活気はますます上がっていきそうだ。

 さらに、今月6日から台湾の映画館8館でIMAX版の上映が開始となるほか、中国語吹替版も各映画館で上映決定した。無限列車を舞台に繰り広げられる、主人公・竈門炭治郎たちと、鬼である下弦の壱・魘夢との戦い、炎柱・煉獄杏寿郎と、上位の鬼である上弦の参・猗窩座との激戦は見どころだ。加えて、制作会社ufotableが手掛ける圧巻の映像美や、切ないメロディーと力強い歌詞が奏でられた主題歌の「炎」など、映画館で見る魅力が詰まった本作は、IMAX上映が始まる台湾で、さらなる支持を獲得していくと予想される。世界で巻き起こっている“鬼滅旋風”に注目だ。

 日本国内で10月16日に公開を迎えた本作は、初日3日間で興行収入46億円を記録、さらに公開2週目にして国内史上最速となる10日で興行収入100億円を突破、公開3週目には興行収入約157億円、動員数1100万人を記録している。

※煉獄杏寿郎の“れん”の漢字は「火+東」が正しい表記

トップページに戻る

(ENCOUNT編集部)

あなたの“気になる”を教えてください