ライス関町、桃鉄でヤンキーから救われた過去明かす 田所は演技力が上達?

お笑いコンビ「ライス」の関町知弘と田所仁が5日、都内で行われた「桃太郎電鉄 ~昭和 平成 令和も定番!~」発売記念出発式に参加。「桃鉄大好き芸人」として、お笑い芸人の陣内智則とともに“桃鉄愛”を語り尽くした。

「ライス」の関町知弘と田所仁が発売記念出発式に登場【写真:ENCOUNT編集部】
「ライス」の関町知弘と田所仁が発売記念出発式に登場【写真:ENCOUNT編集部】

先輩芸人の陣内は「陣内桃則」への改名を発表した

 お笑いコンビ「ライス」の関町知弘と田所仁が5日、都内で行われた「桃太郎電鉄 ~昭和 平成 令和も定番!~」発売記念出発式に参加。「桃鉄大好き芸人」として、お笑い芸人の陣内智則とともに“桃鉄愛”を語り尽くした。

 桃太郎電鉄シリーズの持つ魅力について、関町は「地元のヤンキーの先輩に可愛がられた」と書かれたフリップを披露。「中学時代に兄の友人に数合わせでよくやらされて、そのころから接待しながらプレーしてた。桃鉄がなかったらヤンキーの先輩にどう扱われていたか。桃鉄に救われましたね」と学生時代のエピソードを明かした。

 一方の田所は「お芝居の演出家さんにホメられた」とこちらも意外な出来事をフリップで紹介。「お芝居の前日に劇場に泊ったんですがそこに桃鉄があって……。当日の昼まで夜通しやっちゃってクマのできた目で臨んだんですが、たまたま入院患者の役で、演出家の先生から『すごく作りこんできましたね!』と褒められました」と時間を忘れる桃太郎電鉄の魅力をPRした。

 また、この日「桃太郎電鉄PR大使」に就任した陣内が「陣内桃則」への改名を発表したことから、関町は「先輩だけ改名させるのも申し訳ない。僕らも『ライス』から『モモ』にコンビ名変えようか」と提案。陣内から「そういうこと言うとコナミさんにホンマにさせられるで」とたしなめられていた。

「桃太郎電鉄 ~昭和 平成 令和も定番!~」はメーカー希望小売価格6300円(税抜き)で11月19日に発売される。

トップページに戻る

(ENCOUNT編集部)

あなたの“気になる”を教えてください