映画「鬼滅の刃」、公開から24日間で204億円突破 「ハリーポッター」上回り歴代5位

10月16日から全国403館(IMAX 38含む)で初日を迎えた「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」の24日間興行成績が動員1537万3943人、204億8361万1650円を記録した。

「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」【写真:(C)吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable】
「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」【写真:(C)吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable】

「千と千尋の神隠し」の308億円超えも視野に

 10月16日から全国403館(IMAX 38含む)で初日を迎えた「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」の24日間興行成績が動員1537万3943人、204億8361万1650円を記録した。204億は「ハリー・ポッターと賢者の石」(2001年)を上回り、興行収入歴代5位(興行通信社調べ)となった。

 爆発的ヒットを続ける同作は、公開から3日間での興行収入で動員342万人、約46億2311万円と歴代日本映画の興行記録を塗り替えていた。さらに、公開から10日間で100億円を日本映画史上最速で記録。また、16日間で観客動員1000万人を突破し、17日間で興行収入157億9936万5450円で「アバター」(2009年)を上回り、早くも歴代トップ10に名を連ねていた。

 人気に陰りは見えず、このままの勢いでいけば宮崎駿監督の「千と千尋の神隠し」(01年)が持つ日本映画の歴代興行収入トップの308億円超えが視野に入ってきている。

「鬼滅の刃」は吾峠呼世晴(ごとうげ・こよはる)による初の「週刊少年ジャンプ」の連載コミック。大正期を舞台に、主人公の竈門炭治郎(かまど・たんじろう)が鬼になってしまった妹を人間に戻すため、仲間とともに成長し、鬼を退治するストーリー。「友情・努力・勝利」という「週刊少年ジャンプ」の3大要素が盛り込まれている。しかし、「初動はけっして大人気までは言えなかった」(書店関係者)という。ところが、19年4月からテレビアニメ版が放送されると、アニメファンから一般ファンへ人気に火がついた。

 アニメ版を手掛けたのは、「Fate」シリーズなどの大ヒット作で知られるアニメ製作会社「ufotable」(ユーフォーテーブル)。世界の残酷さを正面から描きながら、独特の映像美を見せるのはお家芸。音楽は、壮大な世界観に定評のあるアニメ界のヒットメーカー、梶浦由記氏。原作の2次元のバトルシーンに、さらなる躍動感を与え、ダイナミックな映像と音の世界を作り上げた。さらには、炭治郎役の声優・花江夏樹を始め、人気声優が脇にも名を連ね、3拍子がそろっている。

 土日となった7日、8日の興行収入は下記の通り。

11月7日(土) 観客動員:62万8614人 興行収入:8億6382万7750円
11月8日(日) 観客動員:66万7179人 興行収入:9億909万8150円

 また、これまで発表されている興行成績の推移は以下の通り。

公開3日間 観客動員:342万493人 興行収入:46億2311万7450円
公開10日間 観客動員:798万3442人 興行収入:107億5423万2550円
公開17日間 観客動員:1189万1254人 興行収入:157億9936万5450円
公開24日間 観客動員:1537万3943人 興行収入:204億8361万1650円

トップページに戻る

(ENCOUNT編集部)

あなたの“気になる”を教えてください