川島海荷、新井郁と2人舞台に初挑戦「わたしが男性だったら守ってあげたい」

女優・川島海荷が12月3日~6日にて公演される舞台「PINT」(東京・浅草九劇)で、新井郁とともに自身初となる2人舞台に挑戦することが決定した。

川島海荷が新井郁と2人舞台に初挑戦
川島海荷が新井郁と2人舞台に初挑戦

川島が発起人 脚本演出にオークラを迎え新境地へ

 女優・川島海荷が12月3日~6日にて公演される舞台「PINT」(東京・浅草九劇)で、新井郁とともに自身初となる2人舞台に挑戦することが決定した。

 脚本・演出はお笑い芸人のバナナマンや東京03のコントを手掛けるオークラが務める。

 川島は「あられちゃん(プライベートでの呼び名)と一緒にお芝居をしてみたい!とずっと思っていたのですが、普段は恥ずかしくて、なかなかその気持ちを伝えられなかったので…今回それを伝えるチャンスだと思いました」などとコメントした。

 本作を制作することになったきっかけは、川島が新井に「2人芝居がやりたい!」と話を持ちかけたことからスタートした。

 そして舞台の物語も、今回の経緯を踏まえたストーリーになる。

 そんな本作の発起人である川島は「あられちゃんと一緒にお芝居をしてみたい!とずっと思っていたのですが、普段は恥ずかしくて、なかなかその気持ちを伝えられなかったので…今回それを伝えるチャンスだと思いました。あられちゃんはとても可愛らしい方だなと思います。少し不器用で、おっちょこちょいなところもあるので、わたしが男性だったら守ってあげたいってなりますね」とコメント。

 対して新井は「海荷は、そこにいるだけで空気を良くも不思議にも(笑)変えられる存在であり、だけどブレない芯の強さがある。彼女のお芝居がすごく好きなので、やっと共演できることをすごく楽しみにしています。凸凹だから気が合うのか、似ているようで似ていないような、けど共感した時の2人は誰よりも強い。こんな2人なので、今まで味わったことのないような出逢いが稽古場にも、舞台上にも、日々にもたくさんありそうです」と、本番に向けて意気込んだ。

 川島にとっては、自身初となる2人舞台。新井は「コウノドリ」「下町ロケット」「病室で念仏を唱えないでください」などの話題作に出演し、最近では映画「その神の名は嫉妬」にて主題歌を歌唱するなど、多岐に渡って活動している。

 また、オークラは「僕は、個人的にその人間が持っているであろう本性を想像し作品を作っていくのが好きで、今“2人の本性”について日夜考えているところなのだが、そ
れを考えれば考えるほど、2人がどんどん“えげつない人間”に仕上がってくるのは何故なんだろう? おそらく、この2人なら面白がって演じてくれると思います」と期待を膨らませた。

 舞台はオンライン・オフラインのどちらでも観劇が可能。


トップページに戻る

あなたの“気になる”を教えてください