吉田羊、大泉洋がリモート制作の舞台裏明かす 「本当に夜中に電話して…」

女優の吉田羊、俳優の大泉洋が29日、都内のホテルで行われた「東京ドラマアウォード2020」に出席。W主演を務めた「2020年 五月の恋」で単発ドラマ部門優秀賞を受賞した。

「東京ドラマアウォード2020」に出席した(左から)吉田羊、大泉洋、松永大司監督【写真:ENCOUNT編集部】
「東京ドラマアウォード2020」に出席した(左から)吉田羊、大泉洋、松永大司監督【写真:ENCOUNT編集部】

W主演を務めた「2020年 五月の恋」で単発ドラマ部門優秀賞に輝く

 女優の吉田羊、俳優の大泉洋が29日、都内のホテルで行われた「東京ドラマアウォード2020」に出席。W主演を務めた「2020年 五月の恋」で単発ドラマ部門優秀賞を受賞した。

 新型コロナウイルス禍のなか、リモート制作という新しい試みを行った同作。外出自粛期間中、吉田の「お芝居で日本を元気にしたい」との思いから企画がスタート、20日間でオンエアにこぎつけた意欲作だ。

 設定は世間がリモートワークの真っただ中で、元夫婦役の2人が電話のかけ間違いから再び交流していくというもの。大泉が「本当に私が吉田さんに夜中電話して……」と稽古の様子を話し出すと、吉田が「夜10時以降ね。娘さんが寝た後に」と後を続け、「娘との時間が大事なものですから」と照れ笑いを浮かべた。

 この日は松永大司監督も登壇したが、撮影期間中はリモートのやり取りのみだったといい、大泉は「今日僕監督とお会いするの初めてなんですよ。こんなに背の高い奴が撮ってたのかと。ずっとパソコンの画面でしか見てなかったので」と明かし、爆笑を呼んでいた。

トップページに戻る

(ENCOUNT編集部)

あなたの“気になる”を教えてください