新婚の相席スタート・山崎ケイ 結婚指輪がない理由明かす

お笑いコンビ「相席スタート」の山崎ケイが27日、都内で行われた第33回日本メガネベストドレッサー賞の授賞式に出席した。

「相席スタート」の山﨑ケイが授賞式に登場【写真:ENCOUNT編集部】
「相席スタート」の山﨑ケイが授賞式に登場【写真:ENCOUNT編集部】

日本メガネベストドレッサー賞授賞式

 お笑いコンビ「相席スタート」の山崎ケイが27日、都内で行われた第33回日本メガネベストドレッサー賞の授賞式に出席した。

 元吉本芸人で落語家の立川談洲との結婚を発表したばかりの山崎。この日が結婚発表後初の公の場となり、「楽しく生活しています」と幸せを生報告した。「普通によくデートをしていたけど、メガネを外したら誰からも気付かれない。逆変装です。同じ職場でこっそり付き合っている人もメガネを使ってみて」とにっこり。

 山崎は黒いシックなドレス姿で登場。左手の薬指に指輪はなかったが、「(指輪を)『どうする?』となったけど、習慣的につけるかな?つけないなら要る?という感じになって」とその理由を説明。それでも「(メガネをかけている顔とかけていない顔)どっちも好きみたい。『どこが好き?』と聞いたら、まず顔って」と終始のろけていた。

 山崎はよしもとメガネ選抜としてお笑いコンビ「銀シャリ」橋本直、「アインシュタイン」稲田直樹、「ミキ」昴生と亜生とともに同賞を受賞。

 メガネではなくコンタクトで活動していた時期もあったという山崎だが、「メガネをかけ始めてから、覚えてもらえるようになったし、『色気があるよね』と言われるようになった」と明かし、「メガネをかけて、いい女という芸風にたどり着いた。メガネがないとネタも物足りない感じになる」とメガネへの愛を語っていた。

トップページに戻る

(ENCOUNT編集部)

あなたの“気になる”を教えてください