広瀬すず、戦後初のCA役に挑戦「ドキドキしながら脚本を読ませていただきました」

女優の広瀬すずがテレビ朝日系スペシャルドラマ「エアガール」で戦後初のCA(キャビンアテンダント)役を演じることが分かった。同ドラマは2021年春の放送を予定している。

「エアガール」で戦後初のCA役を演じる広瀬すず【写真:(C)テレビ朝日】
「エアガール」で戦後初のCA役を演じる広瀬すず【写真:(C)テレビ朝日】

撮影を振り返り「充実した日々を過ごすことができました」

 女優の広瀬すずがテレビ朝日系スペシャルドラマ「エアガール」で戦後初のCA(キャビンアテンダント)役を演じることが分かった。同ドラマは2021年春の放送を予定している。

 かつて日本には“空が奪われていた”時代が存在した。第二次世界大戦で敗戦国となった日本は、GHQに航空関係の活動を一切禁止され、戦後、日本人が日本の空を飛ぶことは許されていなかったのだ。そんな苦難の時代に、日本の空を取り戻すべく奮闘した人々がいた。そして、空の仕事“エアガール”を目指した女性たちも――。

 同ドラマでは、昭和という激動の時代の空を舞台に繰り広げられる物語。史実をベースに、当時の“最先端のお仕事”であるエアガールとして奮闘したヒロインの姿をみずみずしく描き出している。

 広瀬演じるヒロインの佐野小鞠はパイロットを夢見ながらも、「空を飛んでみたい!」というその一心でエアガールという超人気職業に挑んだ女性となっている。広瀬にとってCA役は初挑戦となる。

 ヒロインを務める広瀬のコメントは以下の通り。

――この作品への出演が決まったときのお気持ちを教えてください。

「これまで日本の航空事業の歴史についてあまり触れたことがなくて、もっと昔のことと勝手に思いこんでいたのですが、戦後エアガール第一期生の方が現在90歳代とうかがって、意外と近い時代の出来事だったんだなと驚きました。当時の日本と世界のやり取りや衝撃的な国際関係など、初めて知ることばかりで、『こんなことが起きていたんだ!』とドキドキしながら脚本を読ませていただきました」

――テレビ朝日のドラマ初主演となりますが、撮影現場の雰囲気はいかがでしたか?

「初顔合わせの方ばかりかなと思って現場に行ったら、以前お世話になったスタッフさんがいらして『久々にお会いできたね~』と、うれしくお話ししました。とても心地よい時間の流れ方で撮影を進めてくださって、充実した日々を過ごすことができました」

――CA役を演じるのは初めてとのことですが、エアガールの制服を着た感想は?

「飛行機の窓から空を見ると、異空間に浸って現実を忘れられるような感じがするんです……。飛行機は私にとってそんな空間でしたし、エアガールの衣装は身に着けただけでちょっと気取ってしまうような(笑)、モチベーションが高まるユニホームだなと思いました。衣装合わせで着てみたとき、役柄のイメージが広がったので、すごく安心しました」

――視聴者のみなさまにメッセージをお願いいたします!

「戦後初めて日本で航空会社を作ろうと頑張った人々の思いや、小鞠をはじめ、激動の時代を駆け抜けたさまざまな人たちの感情が織り交ぜられていて、とても複雑で深いストーリーなのですが、それらをポップなシーンを交えて描き出しています。日本にもかつてこんな物語があったんだと、知ってもらえる機会になったらうれしいなと思っています」

トップページに戻る

(ENCOUNT編集部)

あなたの“気になる”を教えてください