ももクロが世界に笑顔届ける「こういうときだからこそみんな笑って」

日本の音楽を世界に発信しているNHKの番組「NHK WORLD-JAPAN presents SONGS OF TOKYO」。10月11、12日には、年に一度の豪華アーティストの競演「フェスティバル」が東京・NHKホールで行われた。NHKの国際放送「NHKワールド JAPAN」では4回に分けて放送中で、残るパート3を31日、パート4を11月1日に放送する。

世界中のファンから支持を集めるももいろクローバーZ【写真:(C)NHK】
世界中のファンから支持を集めるももいろクローバーZ【写真:(C)NHK】

「皆さんの声、ちゃんと聞こえています!」

 日本の音楽を世界に発信しているNHKの番組「NHK WORLD-JAPAN presents SONGS OF TOKYO」。10月11、12日には、年に一度の豪華アーティストの競演「フェスティバル」が東京・NHKホールで行われた。NHKの国際放送「NHKワールド JAPAN」では4回に分けて放送中で、残るパート3を31日、パート4を11月1日に放送する。

 アーティストたちは常時オンラインで接続された世界中のJ-POPファンが無観客の客席に設置された2つの巨大LEDスクリーンに映し出された状態で楽曲を披露。世界中のファンたちとオンラインでつながりながら、日本のカルチャーを発信した。

 31日の放送では、4人組ガールズユニット「ももいろクローバーZ」が登場。天真爛漫なパフォーマンスを披露する。オンラインで視聴したファンから声援が上がると、メンバーたちは「皆さんの声、ちゃんと聞こえています!」「アイラブユー!」と手を振って画面越しの声に応えた。

 リーダーの百田夏菜子が「たくさんの人を笑顔にしたいという思いで活動をしているけど、今の時代はどうしても(笑顔が)少なくなってきてしまったり、落ち込んでしまうことがたくさんある。笑顔のパワーはすごいので、こういうときだからこそみんなで笑って少しでも楽しい時間を過ごしたい」と話すと、番組ホストでMCを務めた村上信五(関ジャニ∞)は「ももクロらしい!」と明るさに満ちたステージを称賛していた。

 MCでは、新型コロナウイルスの影響による自粛期間中にとあるメンバーが「ももクロ」の一員であることを忘れ、「私ってももクロだよね?」と確認したという驚きのエピソードも披露された。見ごたえのある迫力たっぷりのライブに、爆笑必至のMCにも注目だ。

 コロナ禍にありながら大成功を収めた“デジタル音楽祭”。放送時間は午前8時10分~58分、午後2時10分、午後7時10分、深夜2時10分の4回。上記放送時間帯に「NHK ワールド JAPAN」ホームページまたはアプリで同時ストリーミング配信される。その後、BSP、BS4K、総合で放送される予定。


トップページに戻る

あなたの“気になる”を教えてください