劇場版「鬼滅の刃」、公開から10日間で興行収入100億円突破 日本映画史上最速を記録

16日から全国403館(IMAX 38含む)で初日を迎えた「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」の10日間興行成績が動員798万3442人、107億5423万2550円となり、公開より10日間での興行収入100億円突破は、日本で上映された映画の中で最も速い日数を記録した。

劇場版「鬼滅の刃」無限列車編 第3弾キービジュアル【写真:(C)吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable】
劇場版「鬼滅の刃」無限列車編 第3弾キービジュアル【写真:(C)吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable】

動員は798万3442人を記録

 16日から全国403館(IMAX 38含む)で初日を迎えた「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」の10日間興行成績が動員798万3442人、107億5423万2550円となり、公開より10日間での興行収入100億円突破は、日本で上映された映画の中で最も速い日数を記録した。

 公開から3日間での興行収入で動員342万人、約46億2311万円と歴代日本映画の興行記録を塗り替えた本作。10日間での興行収入でも人気に陰りは見えず、このままの勢いでいけば宮崎駿監督の「千と千尋の神隠し」(2001年)が持つ日本映画の歴代興収記録の308億円超えが視野に入ってきた。

 土日となった24日、25日の興行収入は下記の通り。

10月24日(土) 観客動員:111万5182人 興行収入:15億94万4600円
10月25日(日) 観客動員:115万7654人 興行収入:15億4050万4150円

トップページに戻る

(ENCOUNT編集部)

あなたの“気になる”を教えてください