最強でセクシーな女神に迫る危機…峰不二子が主役の最新作公開へ

4月に亡くなったモンキー・パンチさん原作のアニメーション映画『LUPIN THE ⅢRD 峰不二子の嘘』が、5月31日から東京・新宿バルト9ほかで限定劇場公開される。過去に次元大介、石川五ェ門に焦点を当てた同シリーズ最新作は、峰不二子が主人公。最強でセクシーなミューズの危険な物語に注目が集まっている。

原作:モンキー・パンチ (C)TMS
原作:モンキー・パンチ (C)TMS

ルパン三世の最新シリーズ作品 初日舞台あいさつが決定

 4月に亡くなったモンキー・パンチさん原作のアニメーション映画『LUPIN THE ⅢRD 峰不二子の嘘』が、5月31日から東京・新宿バルト9ほかで限定劇場公開される。過去に次元大介、石川五ェ門に焦点を当てた同シリーズ最新作は、峰不二子が主人公。最強でセクシーなミューズの危険な物語に注目が集まっている。

 本作は、色仕掛けと話術でルパン三世すら手玉に取る謎の美女・峰不二子に絶体絶命の危機が迫るストーリー。主演は2011年から峰不二子の声を担当する沢城みゆき。ルパン三世役は栗田貫一。本作のオリジナルキャラクター「殺し屋ビンカム」を演じるのは、声優や俳優、歌手としても活躍する宮野真守。「ルパン」シリーズには初参加となる。

 制作には、『LUPIN THE ⅢRD 次元大介の墓標』、『LUPIN THE ⅢRD 血煙の石川五ェ門』を生んだトップクリエイターたちが再集結。監督を務めるのは、国内外から高い評価を得る小池健。脚本は「ルパン三世 PART4」でシリーズ構成・脚本を務めた高橋悠也。音楽はCM・映画音楽で活躍するジェイムス下地。浄園祐がプロデューサーを担った。

 また、5月31日に新宿バルト9で初日舞台あいさつが決定。小池監督、脚本を担当した高橋悠也氏、音楽のジェイムス下地氏、浄園プロデューサーの登壇が予定されている。貴重な制作秘話を聞くことができそうだ。

(ENCOUNT編集部)