樹木希林“幻”の初企画作の予告編が公開 浅田美代子が詐欺師役

昨年9月に亡くなった女優の樹木希林さんが初めて企画を務めた映画『エリカ38』が、6月7日に全国ロードショーで封切られる。“女の本性”に迫る力作。実際にあった事件をモチーフに制作され、浅田美代子を主演に迎えた注目作の予告編が公開された。

『エリカ 38』  (C)吉本興業
『エリカ 38』 (C)吉本興業

故・樹木希林さんの企画作品 実際にあった事件をモチーフに

昨年9月に亡くなった女優の樹木希林さんが初めて企画を務めた映画『エリカ38』が、6月7日に全国ロードショーで封切られる。“女の本性”に迫る力作。実際にあった事件をモチーフに制作され、浅田美代子を主演に迎えた注目作の予告編が公開された。

 本作は、60歳を過ぎても自らを「38歳」と偽って男たちを惑わし、話術で女たちをたぶらかして、金を巻き上げる自称エリカ(浅田美代子)を描くストーリー。エリカの母を樹木希林が演じている。共演は平岳大、窪塚俊介、山崎一、山崎静代、小籔千豊、小松政夫、古谷一行、木内みどりら豪華出演陣が並ぶ。日比遊一が監督・脚本を務めた。

 『エリカ38』 6月7日(金)から東京・TOHOシネマズ シャンテほか全国でロードショー

【動画】(C)吉本興業

(ENCOUNT編集部)