山﨑賢人&松岡茉優で「劇場」が映画化…監督は行定勲氏、原作はピース又吉

俳優の山﨑賢人(24)が映画「劇場」で主演することがわかった。ヒロインは女優の松岡茉優(24)、監督は行定勲氏。2020年に公開される。原作はお笑いコンビ・ピースの又吉直樹による同名の恋愛小説で、芥川賞を受賞した「火花」より前に書き始めていて、又吉にとって“作家の原点”とも言える作品だ。

主演の山崎賢人とヒロイン役の松岡茉優
主演の山崎賢人とヒロイン役の松岡茉優

 俳優の山﨑賢人(24)が映画「劇場」で主演することがわかった。ヒロイン役は女優の松岡茉優(24)、監督は行定勲氏。2020年に公開される。原作はお笑いコンビ・ピースの又吉直樹による同名の恋愛小説で、芥川賞を受賞した「火花」より前に書き始めていて、又吉にとって“作家の原点”とも言える作品だ。

 主演の山﨑は興行収入56憶円を突破した映画「キングダム」の大ヒットの記憶も新しい、今最も旬な俳優の1人。また、ヒロインの松岡も映画「万引き家族」で世界に認められた若き実力派女優の1人。2人と行定監督が“タッグ”を組むのは初めてで、来年の話題作になるのは間違いない。

原作はピース又吉の同名小説
原作はピース又吉の同名小説

 又吉が「恋愛がわからないからこそ、書きたかった」という同作は、劇作家を目指す主人公・永田と、彼に恋をして必死に支えようとする沙希の物語。生涯忘れることができない7年間の恋を描いた恋愛小説だ。

 撮影は6月初旬から始まり、演劇の聖地・下北沢を中心に都内で行われ、繊細でドラマティックな数々のシーンを撮影中。芥川賞作家・又吉が“自身の原点”として書き上げた原作を、恋愛映画のマスターピースを贈り続けてきた行定監督がどのように映像化するのか。若き俳優たちが挑んだ“大人のラブストーリー”から目が離せなくなりそうだ。

次のページへ (2/2) 山﨑賢人らコメント
1 2