アジアで初めて同性婚が認められた台湾発 映画「バオバオ フツウの家族」深い人間ドラマを描く

アジアで初めて同性婚が認められた台湾発の映画「バオバオ フツウの家族」が、9月28日から新宿K's cinemaほかで順次公開されることが決まった。“2組の同性カップルの妊活”を描く予告編が公開となった。

『バオバオ フツウの家族』 (C)Darren Culture & Creativity Co.,Ltd.
『バオバオ フツウの家族』 (C)Darren Culture & Creativity Co.,Ltd.

2組の同性カップル4人が家族になる物語 実力派俳優陣が集結

 アジアで初めて同性婚が認められた台湾発の映画「バオバオ フツウの家族」が9月28日から新宿K’s cinemaほかで順次公開されることが決まった。

 5月にアジアで初めて同性婚が認められた台湾から届いた本作は、2組の同性カップル4人が協力して、「赤ちゃんが欲しい」と妊活をし、家族になる物語だ。社会の軋轢や、理解することが難しい親たちとの確執と対峙する深い人間ドラマになっている。

 新人監督の登竜門として台湾で一番大きな脚本賞「徴選優良電影脚本奨」で優秀脚本賞優秀賞を受賞し、プロデューサーの目に留まり、映画化。過去この脚本賞からは、今の台湾映画界を担う魏徳聖(ウェイ・ダーション)=「KANO 1931 海の向こうの甲子園」ら多くの監督と脚本家を輩出している。

「バオバオ フツウの家族」 (C)Darren Culture & Creativity Co.,Ltd.
「バオバオ フツウの家族」 (C)Darren Culture & Creativity Co.,Ltd.

 監督は、本作が長編映画監督デビューとなるシエ・グアンチェン(謝光誠)。繊細な心を持つ「シンディ」を演じるのは、日本とフランスのハーフで、本格的な演技は初めてのエミー・レイズ(雷艾美)。「ジョアン」を演じるのは、台湾版「花より男子」の「流星花園」などアイドルドラマからアート映画まで国内外でキャリアを積むベテランのクー・ファンルー(柯奐如)。

 「チャールズ」を演じるのは、台湾で活躍する日本人の蔭山征彦。香港電影評論学會の脚本賞を受賞した「念念」の脚本、映画音楽、「KANO 1931~海の向こうの甲子園」では出演のほかに若手の演技指導などマルチな才能を発揮している。「ティム」を演じるのは、蔡力允(ダニエル・ツァイ)。豊富な経験から幅の広さで印象深い学者像を作り上げている。

「バオバオ フツウの家族」 (C)Darren Culture & Creativity Co.,Ltd.
「バオバオ フツウの家族」 (C)Darren Culture & Creativity Co.,Ltd.

 予告編のラストに流れる台湾のインディーズバンド「FLUX」が演奏する「東京大夜逃」の中の「I try to find somewhere I could call home(故郷と呼べるどこかを見つけたい)」という歌詞が、4人の心情と重なり合う。

次のページへ (2/2) 心模様を映し出す予告編
1 2