カンヌが愛した鬼才・深田晃司の衝撃作「よこがお」 哀しくも危険な女の復讐とは…

若き鬼才・深田晃司監督が女優・筒井真理子を主演に迎えた、オリジナル脚本による渾身の映画「よこがお」が7月26日から角川シネマ有楽町、テアトル新宿ほかで全国公開される。衝撃の問題作に、各界の著名人からコメントが寄せられた。

「よこがお」  (c)2019 YOKOGAO FILM PARTNERS & COMME DES CINEMAS 7月26日から角川シネマ有楽町、テアトル新宿ほか全国公開
「よこがお」 (c)2019 YOKOGAO FILM PARTNERS & COMME DES CINEMAS 7月26日から角川シネマ有楽町、テアトル新宿ほか全国公開

筒井真理子主演のヒューマン・サスペンス 著名人のコメント到着

 若き鬼才・深田晃司監督が女優・筒井真理子を主演に迎えた、オリジナル脚本による渾身の映画「よこがお」が7月26日から角川シネマ有楽町、テアトル新宿ほかで全国公開される。衝撃の問題作に、各界の著名人からコメントが寄せられた。

 ある事件がきっかけで、「無実の加害者」に仕立てあげられ、築き上げた幸せをすべて奪われた女・市子。自分を見捨てた人生に復讐するため、自由奔放な女“リサ”へと姿を変えて、ある計画を実行するのだが……。人生を取り戻すため、女が仕掛けた哀しくも危険な復讐を描く、極上のヒューマン・サスペンスだ。

「よこがお」  (c)2019 YOKOGAO FILM PARTNERS & COMME DES CINEMAS 7月26日から角川シネマ有楽町、テアトル新宿ほか全国公開
「よこがお」 (c)2019 YOKOGAO FILM PARTNERS & COMME DES CINEMAS 7月26日から角川シネマ有楽町、テアトル新宿ほか全国公開

 筒井真理子が主人公・市子/リサを、市川実日子が市子の運命を変える女性・基子を演じる。2人の女性に翻弄される男性・和道を演じるのは、池松壮亮だ。

 深田監督は、「淵に立つ」(2016年公開)で、第69回カンヌ国際映画祭「ある視点」部門審査員賞を受賞。同作に出演した筒井真理子と再びタッグを組むことになる。

次のページへ (2/3) ディーン・フジオカらコメント
1 2 3