思い出の「味」で家族の時間を取り戻す 新しいおみおくりの物語 映画「最初の晩餐」

俳優の染谷将太主演、常盤司郎監督の映画「最初の晩餐」が、11月1日に新宿ピカデリーほか全国公開することが決まった。終活や生き方に注目が集まる昨今に、唯一無二の思い出の「味」で家族をおみおくりする新たな物語。日本映画界の実力派が織り成す家族のドラマは、この秋最も注目の作品となりそうだ。

『最初の晩餐』(C)2019「最初の晩餐」製作委員会
『最初の晩餐』(C)2019「最初の晩餐」製作委員会

染谷将太主演、常盤司郎監督で11月1日に全国公開 日本映画界の実力派が織り成す珠玉の家族ドラマ

 俳優の染谷将太主演、常盤司郎監督の映画「最初の晩餐」が、11月1日に新宿ピカデリーほか全国公開することが決まった。日本映画界の実力派が織り成す家族のドラマは、この秋最も注目の作品となりそうだ。

 父が亡くなった。通夜の夜、母が仕出し屋を突然キャンセルし、出した「通夜ぶるまい」は目玉焼きだった――。みんなが戸惑う中、次々と出てくる料理。それは父が残した1冊のノートから作られた思い出の料理だった。父との時間が蘇り、家族も知らなかった秘密も浮き彫りになっていく……。思い出の手料理が、忘れていた大切な時間を蘇らせるというストーリーだ。

「最初の晩餐」の場面写真 (C)2019『最初の晩餐』製作委員会
「最初の晩餐」の場面写真 (C)2019『最初の晩餐』製作委員会

 主人公・麟太郎役には、ヴェネチア国際映画祭で日本人初となるマルチェロ・マストロヤンニ賞を受賞した「ヒミズ」を始め、多彩な顔を見せる染谷将太。その姉・美也子役に2019年度後期NHK連続テレビ小説「スカーレット」でヒロインを務める戸田恵梨香。兄シュン役には窪塚洋介。さらに斉藤由貴、永瀬正敏が両親役で圧倒的な存在感を見せる。また、新海誠監督の最新アニメ映画「天気の子」(7月19日公開)のヒロインに抜擢された森七菜ら若手俳優陣の瑞々しい演技にも注目だ。

 監督と脚本を手掛けるのは、サザンオールスターズのドキュメンタリー映画を始め、CMやミュージックビデオなど様々な分野で高く評価される常盤司郎監督。短編映画でも国際的に高い評価を受けており、本作が満を持しての長編映画デビュー作となる。構想7年、渾身のオリジナル脚本を後押ししようと、「HANA-BI」の撮影・山本英夫ら一線級のスタッフが集結した。

次のページへ (2/2) 豪華キャスト、監督のコメント
1 2