桃井かおり“幻の名作”が劇場で蘇る…映画『夏少女』が8月に限定公開

女優の桃井かおりが主演した映画『夏少女』が、8月3日から東京・ポレポレ東中野で二週間限定モーニングショーされることがわかった。

(c)「夏少女」上映委員会
(c)「夏少女」上映委員会

完成から23年後…ポレポレ東中野で初の劇場公開

 女優の桃井かおりが主演した映画『夏少女』が、8月3日から東京・ポレポレ東中野で二週間限定モーニングショーされることがわかった。

 日本を代表する脚本家・早坂暁が自らの原爆体験を踏まえ、その集大成として執筆したのが本作。1996年に映画は完成していたのだが、製作時の諸事情から23年間、“封印”されていた。だが、早坂暁生誕90周年の今年、オリジナルネガが発見され、初めての劇場公開されるに至ったという。

(c)「夏少女」上映委員会
(c)「夏少女」上映委員会

『若者たち』の名匠・森川時久監督のメガホンのもと、桃井を主演に、間寛平、影山仁美、坂田明ら実力派俳優が、瀬戸内海に浮かぶ小さな島を舞台に、魂のファンタジーを作り上げている。

(c)「夏少女」上映委員会
(c)「夏少女」上映委員会

(ENCOUNT編集部)