オダギリジョー長編初監督作に豪華キャスト集結 伊原剛志や浅野忠信、あの蒼井優も…

俳優・オダギリジョー長編初監督作品「ある船頭の話」に、先に発表された柄本明、川島鈴遥、村上虹郎に続き、伊原剛志、浅野忠信、村上淳、蒼井優、笹野高史、草笛光子、細野晴臣、永瀬正敏、橋爪功の豪華キャスト9人が参加していることが分かった。脚本も務めるオダギリジョー監督は「自分の好きな方々に集まって頂きました」と語っている。

映画「ある船頭の話」豪華キャスト (C)2019「ある船頭の話」製作委員会
映画「ある船頭の話」豪華キャスト (C)2019「ある船頭の話」製作委員会

「ある船頭の話」9月13日封切り 国際派スタッフ集結で人間の根源あぶり出す

 俳優・オダギリジョー長編初監督作品「ある船頭の話」に、先に発表された柄本明、川島鈴遥、村上虹郎に続き、伊原剛志、浅野忠信、村上淳、蒼井優、笹野高史、草笛光子、細野晴臣、永瀬正敏、橋爪功の豪華キャスト9人が参加していることが分かった。9月13日から新宿武蔵野館ほかで全国公開となる注目作。脚本も務めるオダギリジョー監督は「自分の好きな方々に集まって頂きました」と語っている。

 ある一人の船頭を通して「人間の根源」を描いた本作。主人公の船頭トイチ役に名優・柄本明。主演としては2008年公開「石内尋常高等小学校 花は散れども」(新藤兼人監督)以来、11年ぶりとなる。トイチの前に現れる身寄りのない謎めいた少女役として、川島鈴遥がヒロインに抜擢された。若手実力派の村上虹郎がトイチを慕う村人・源三を演じる。

 さらに、オダギリの下には国際派スタッフが集結した。撮影監督には、独特な色彩を映像に落とし込む名匠クリストファー・ドイル、衣装デザインには「乱」で米アカデミー賞を受賞した日本を代表するデザイナー、ワダエミ。そして若くして天才と称されたアルメニアのジャズ・ピアニスト、ティグラン・ハマシアンが映画音楽に初挑戦する。

 今回発表された9人の実力派俳優たちは、トイチの舟に乗り、向こう岸へ渡ろうとする客人を演じる。伊原剛志は川上で建設中の橋の関係者、浅野忠信はなじみの客、村上淳は上流で起こった事件の噂話を聞きつける商人、蒼井優は華やかな芸妓、笹野高史は酪農を営むにぎやかな客、草笛光子は生まれ故郷に戻る女性、細野晴臣はマタギの親方、永瀬正敏はそのマタギの息子・仁平、そして橋爪功は町医者を演じる。

 オダギリジョー監督は今回のキャスティングについて、「同業者ですからね(笑)。自分の好みというか、好きな方々に集まって頂きました。監督なんて滅多にあることじゃないので、このお祭り騒ぎに乗じて一緒に遊びませんか?みたいな軽いノリでお声掛けしました。受けて頂いた方々は、役の大小や、ビジネス的な観点で仕事をしていない、粋な方々ですね(笑)」とコメントした。

(ENCOUNT編集部)