映画「空母いぶき」の初日舞台あいさつに西島秀俊ら出席

俳優の西島秀俊らが5月24日、東京・TOHOシネマズ日比谷で行われた映画「空母いぶき」の初日舞台あいさつに出席した。かわぐちかいじ氏のベストセラーコミックを豪華出演陣で映画化。主演の西島に加え、佐々木蔵之介、本田翼、市原隼人、深川麻衣、藤竜也と若松節朗監督が登壇。制作秘話などを語り合った。

「空母いぶき」の初日舞台あいさつ (C)かわぐちかいじ・惠谷治・小学館/『空母いぶき』フィルムパートナーズ
「空母いぶき」の初日舞台あいさつ (C)かわぐちかいじ・惠谷治・小学館/『空母いぶき』フィルムパートナーズ

「大切な人との平和を感じてもらえたら」と西島が熱いメッセージ

 俳優の西島秀俊らが5月24日、東京・TOHOシネマズ日比谷で行われた映画「空母いぶき」の初日舞台あいさつに出席した。かわぐちかいじ氏のベストセラーコミックを豪華出演陣で映画化。主演の西島に加え、佐々木蔵之介、本田翼、市原隼人、深川麻衣、藤竜也と若松節朗監督が登壇。制作秘話などを語り合った。

 本格派の作品。西島と佐々木との共演について藤は「2人とも準備万端で、初日のワンカット目から、すでに撮影が始まって一カ月ぐらい経っているような、密度の高さや緊張感が完璧でしたね」と振り返った。西島は「本当にたくさんの自衛官の方々にお話を聞くことができたので、事前準備はたくさんさせていただきました」と感謝を述べた。

 映画の公開に合わせて届いた、原作者かわぐちかいじ氏からの手紙が読まれると、西島は「感激しました。本当にうれしい。かわぐちかいじさんの原作はスケールが大きくてテーマもとても深いので、実写化するのは相当難しいと言われている中で、今回初めての実写化となりました。この映画が完成してこうして先生に素晴らしいお手紙をいただけて、みなさんに観て頂けるのは本当に感無量です」と、万感の心境を語った。

 西島は「この映画を観たあと、大切な人に連絡をしていただいて、大切な人との平和を感じていただけたらうれしいです」と思いを寄せた。
 

(ENCOUNT編集部)